食事|バランスよく栄養をとることが基本

バランスが良い食事画像

バランスよく栄養素をとることが基本

美肌のための食事というと、ビタミンを意識したサラダなどの野菜中心の食事を連想されがちです。

でも、栄養素は単独で作用するものではありません。

いろいろな栄養素をバランスよくちゃんととり、それが体の中で充足してはじめて、その効果が現れるものなの です。

肌によいとされる栄養素はいろいろありますが、ビタミンなど特定の栄養素ばかりたくさんとったところで、美肌になれるというものではありません。


たんぱく質をとらない危険性

最近ではダイエットのためといって、肉や魚などのたんぱく質を避ける女性もいます。

ところが、このたんぱく質こそが体や肌をつくっている大素ですから、たんぱく質をとらないでいると、肌が不調になるだけでなく、疲れが出たり、体力が衰えたり、睡眠が浅くなったり、朝起きづらくなったりとさまざまな弊害をもたらしてしまいます。

こんな状態でビタミンばかりとっても効果は出ません。

ですから、美肌食の基本は、たんぱく質もビタミン類もバランスよくとること。 そして、ふだんの食生活で足りなくなりそうな栄養素を先取りしてとる習慣をつけておく事が大前提なのです。


美肌におすすめな野菜

やみくもに野菜を食べていても効果はありません。

野菜の中でもとくに美肌のために意識してとりたいのは、Bカロテンを含む緑黄色野菜です。

なぜなら8カロテンは、抗酸化作用が高く、体の中でビタミンAとして働き、皮膚や粘膜を強くして、肌あれや老化を予防する効果があるからです。

これはほうれんそうやにんじんなどに多く含まれています。

そのほか、じゃがいもやカリフラワーなどに多く含まれるビタミンCも、美肌にとってとても有効な栄養素です。

【生野菜の注意すべき点】

若い女性の多くは、ランチの添え物としてあるサラダや野菜ジュースをとって、たくさん野菜を摂収していると誤解しています。

しかしサラダに入っているレタスやきゅうりはビタミンの含有量が少ないですし、そもそも生野菜は体を冷やしてしまいます。

体が冷えると、血行不良になり、肌に栄養が行き届かなくなるおそれがありますので、生野菜のとりすぎには注意が必要です。


主な野菜のビタミン含有量

肌をつくるもとになるたんぱく質は不可欠。

肉や魚はもちろん、野菜もバランスよくしっかりとりましょう。

レタス
ビタミンA(レチノール当量)(単位μgRE):20
ビタミンC(単位mg):5

きゅうり
ビタミンA(レチノール当量)(単位μgRE):28
ビタミンC(単位mg):14

トマト
ビタミンA(レチノール当量)(単位μgRE):45
ビタミンC(単位mg):15

ほうれんそう
ビタミンA(レチノール当量)(単位μgRE):350
ビタミンC(単位mg):35

にんじん
ビタミンA(レチノール当量)(単位μgRE):760
ビタミンC(単位mg):4

ブロッコリー
ビタミンA(レチノール当量)(単位μgRE):67
ビタミンC(単位mg):120

にら
ビタミンA(レチノール当量)(単位μgRE):290
ビタミンC(単位mg):19

チンゲン菜
ビタミンA(レチノール当量)(単位μgRE):170
ビタミンC(単位mg):24

赤パプリカ
ビタミンA(レチノール当量)(単位μgRE):88
ビタミンC(単位mg):170

大根
ビタミンA(レチノール当量)(単位μgRE):0
ビタミンC(単位mg):12

カリフラワー
ビタミンA(レチノール当量)(単位μgRE):2
ビタミンC(単位mg):81
※100gあたりの数値

関連記事

ページ上部へ戻る