食べないからやせない?カロリーは気にしない!

食べていないのにどうしてやせない?

脂肪がつくかどうかは、食べたものをどれだけ燃焼できるかで決まる。燃やすための栄養がなければ脂肪は燃え残ります。
 
やせたいと思ったときには、できるだけ食べる量を控えようと、ほとんどの人が考えますよね。でもそれだけでいいのでしょうか?
 
体に脂肪がつくかどうかは、食べた量だけではなく、食べたものの脂肪や糖分をどれだけ効率よく燃やせるかで決まります。
 
食べる量を減らしても燃やせなければ、結局は体に脂肪として残り、「食べていないのにどうしてやせないの!」ということになりがちです。
 
では、どうすれば効率よく燃やせるかというと、脂肪や糖分を燃やすための栄養をプラスすればいいのです。
 
これはテトリスに例えるとわかりやすいでしょうか。
 
テトリスは列の隙間を埋めながらブロックを消していくゲームですが、同じように、脂肪や糖分の積み重なったブロックも隙間を栄養で埋めてやることで、脂肪や糖分を消すことができます。
 
太るからと食べる量だけを控えても栄養で隙間を埋められなければ、どんどん脂肪や糖分が溜まってゲームオーバーになってしまいます。
 
食べながら太りにくくやせやすい体を手に入れる。これなら無理なく続けることが出来そうですよね。
 

カロリーは気にしない

食べるカロリーを気にしても、結局燃やせなければ同じこと。高カロリーでも必要な栄養が含まれていれば太りません。
 
一般的には「やせるためには食べるカロリーを抑える」というのがダイエットの常識ですよね。
 
でも、カロリーをとっていないのにやせないという人も多いのではないでしょうか。
 
そもそもカロリーを抑えるというのは、消費カロリーより摂取カロリーを少なくすればやせるという考え方からです。
 
ただし、実際のところ消費カロリーには個人差があり、専門機関で調べなければ正確にはわか りません。
 
どんなに摂取カロリーを抑えても消費カロリーが少なければ、結局はあまったカロリーが体脂肪になり太ってしまうのです。
 
それに、カロリーの低い食べ物は、体を温めて代謝を上げる力も弱いので消費カロリーが少なく、体脂肪が溜まりやすくなるという悪循環がおこります。
 
大切なのは、その食べ物が「何カロリーか」ではなく、食べたあとに「体内で何カロリー燃やせるか」。
 
つまり「必要な栄養素がどれだけ含まれている食品か」が重要なのです。高カロリーの食べ物でも、燃やすカロリーが多ければ食べても太ることはないのですから。
 
皆さんは、食べるものを我慢して摂取カロリーを低く抑える方法と、必要な栄養素を含んだ食べ物をおいしく食べながらやせる方法のどちらを選びますか?
 

 

食べたいものは我慢しない

ストレスになるなら我慢しないで食べることも大切。お菓子やアルコールは割合を考えて食べなければなりません。
 
食べたいものは思いっきり楽しんで食べてくださいというと、皆さん驚かれます。
 
それだけ、皆さんは食べたいものを我慢しているということだと思います。
 
でもそれって、本当に体のためにいいことなのでしょうか。
 
実は、食べたいものを我慢したり、太る太ると思いながら食べると、そのストレスが脳に影響して、体脂肪を増やすホルモンや、代謝を下げるホルモンなどを分泌してしまうこともあるといわれているのです。
 
ダイエットにおいてもストレスは大敵なのです。
 
食べ物を食べることは、体に栄養をとり入れるだけでなく、心に栄養をあたえるという目的もあります。 体にいいものだけ食べていたのでは心が満足しないし、心にいいものばかり食べていたのでは体がおかしくなってしまいます。
 
お菓子やアルコールは心の栄養ですから、あくまでもご褒美。
 
体の栄養を補給したうえでとるものです。
 
その割合は人それぞれですが、30%を超えたら要注意と考えましょう。 食べれば、食事全体のケ ーキの割合は少なくなる ケーキ

関連記事

ページ上部へ戻る