便秘|食物繊維と乳酸菌で腸を整える

便秘がちな女性の画像

慢性的な便秘はストレスが原因

便秘は、肌トラブルをはじめ、頭重感、疲労感、腹部膨満感などの不快症状を引き起こします。

私たちの腸内には、ビフィズス菌などの善玉細菌と、大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉細菌が常住しています。

善玉細菌は、悪玉細菌の増殖を抑える働きや、鰭動運動を活発にして排便を促す働きをしています。

しかし、ストレスが過剰になると交感神経が緊張し、鰭動運動のコントロールがうまくいかなくなって、便秘や下痢が起こるようになります。

便秘が続くと悪玉細菌が増殖して、スカトールやインドールなどの有害物質が発生し、さまざまな症状が現れたり、悪臭を伴うガスが多くなったりするのです。

ー食物繊維をとって腸内を掃除するー

便秘解消に効果を発揮するのが、食物繊維です。

食物繊維は、「水溶性」と「不溶性」に分けられます。

水溶性の食物繊維は、腸内で溶けて余分な糖質や脂質を包み込んで排池します。

不溶性の食物繊維は、腸内の水分を吸収して便の量を増やします。

それが腸への刺激となって、鰭動運動が盛んになり、排池しやすくなります。


乳酸菌やオリゴ糖は善玉菌を増やす効果がある

ヨーグルトの甘酸っぱい味は、乳酸菌が発酵することによって生じるものです。

この乳酸菌には、腸内の善玉細菌を増やして、悪玉細菌を抑える働きがあります。

整腸作用は抜群なので、毎日とりたいものです。

乳製品などに添加されているオリゴ糖(低カロリーの甘味料)は、摂取すると消化されないまま大腸に届き、善玉菌のエサになって増殖を助けます。

オリゴ糖入りのキャンディや飲料水なども市販されていますから、利用するのもいいでしょう。

◆食物繊維が豊富な食品◆

【不溶性食物繊維】
干し柿
大豆
おから
干ししいたけ
ごぼう
あずき
納豆
いんげん

甘栗
【水溶性食物繊維】
エシャロット
干しプルーン
干しあんず

関連記事

ページ上部へ戻る