美肌の人がクレンジングにこだわる理由は?

肌を傷めないものを厳選

肌荒れや乾燥に悩んでいる人で、保湿クリームを変えてみたり、美容液をプラスしたりと、上に塗るものから見直す人が多いのですが、これは間違いです。
 
まずはクレンジングの見直しをおすすめします。
 
メイクや化粧品などの油性の汚れを落とすクレンジングは、肌を潤すという真逆のことをするので、そもそも肌が傷まないわけがありません。高級クリームで一生懸命肌を潤しても、クレンジングで肌が水分を保つ機能を壊していたら、潤しても保てない肌になってしまうのです。
 
だから、美肌を目指すなら、保湿を見直す前に、いかに肌を傷めないかというクレンジングを見直し、厳選す る必要があるのです。
 
クレンジングを変えたら肌状態が驚くほど改善した! 素肌に自信が持てるようになった! という人、本当に多いんです。
 

 

美肌の人ほどクレンジングにこだわる

またクレンジングはどうせ洗い流すものだから…とあまりお金をかけない人も多いのですが、美肌の人ほどクレンジングにこだわっています。
 
「クレンジングだけはお金をかける」という人もいるほどなのです。
 
オイルにリキッド、ミルク、ジェルタイプ…拭き取るものから濡れ手で使えるものまで、世の中にはたくさんのクレンジングがあります。
 
「メイクが落ちてない気がする」と安易に落ちがいいものを選ぶ人もいますが、肌に負担が掛かるメイクが落ちても、同じくらい肌に負担が掛かるクレンジングを使ったら、元も子もないと思いませんか?
 

様々なクレンジングのタイプ

ジェルタイプ
・洗浄力弱め
・刺激が少ない
・他のタイプと比べると、界面活性剤の量が少なめで肌への負担は小さい
 
ミルクタイプ
・洗浄力普通
・刺激が少ない
・界面活性剤の量は、オイルやリキッドより少なめで、肌への負担は小さい
 
リキッドタイプ
・洗浄力強め
・界面活性剤の量が多く、肌への負担が大きい
 
オイルタイプ
・洗浄力強め
・ばっちりメイクがすぐ落ちる
・界面活性剤の量が多く肌への負担が大きい


 

使い続けていくと肌荒れの原因に

ノンシリコンシャンプーが頭皮と髪を大切にする人の間でブームを呼んでいます。
 
シリコンは、肌表面に被膜を形成し耐水性・持続性が高いので、メイクやUVカットなどに使われています。
 
シャンプーには、髪をコートし指通りをよくする、ツヤのある髪にするため使われています。
 
ですが、メイクで肌が荒れる人もいるように、シリコンも肌に刺激となります。肌につくと簡単には落ちません。
 
使い続けていくと、肌に被膜を張り、肌に吹き出物ができたり、化粧水が浸透しづらくなってしまうのです。
 
そんなシリコン、最近はクレンジングにも配合されているのはご存じですか? なぜなら、「メイクが落ちやすい」「植物油と比べるとさらりとして感触がいい」「植物油より安価に安定した製品が製造できる」ため。同じような理由で、ミネラルオイル (鉱物油)も使われています。
 

シリコンチェック

「あなたの使っているクレンジングには、シリコンやミネラルオイルは入っていませんか? シリ コンの成分名称は、ジメチコンや○○メチコンなど、ミネラルオイルの成分名称は、鉱物油です。

ここで、シリコンチェック!
・化粧水がたっぷり浸透しない
・水分と油分のバランスが悪い感じ
・肌が、必要以上にテカテカする
・ブツブツ吹き出物がよくできる
 
そんな肌が気になったら、クレンジングを見直しましょう。クレンジングだってノンシリコンです! ノンミネラルオイルです!
 

シリコンが使われているものは?

シリコンは、メイクやUVカットだけでなく、最近はいろいろなものに使用されていて驚きます。

クレンジング、乳液、クリーム、化粧水までも伸びがよく、べたつかず、すべすべになるからです。

表面だけツルツルになっても…長い目で見るとよいわけがありません。

関連記事

ページ上部へ戻る