クレンジング|スキンケア

どうしてクレンジングをしなければならないの? なんて、考えたことありますか?

ただやみくもに使っていては、素肌をすこやかに保つことはできません。 この機会に、クレンジングの意味を考えてみましょう。


クレンジングが必要な理由

クレンジングで落とすものは、油性のメイクアップ料です。

そのため、メイクをしている日はクレンジングの必要があります。

では、そのクレンジング料は何でできているのかというと、油分と界面活性剤プラスアルファです。

油性のメイクアップ料を肌から浮き上がらせて落とすには、油分がどうしても必要です。

さらに、洗い流す際の水と油分をなじませる橋渡し役として界面活性剤が配合されています。

これらの油分と界面活性剤、水の配合量などが変わると、オイルタイプやクリームタイプなどの形状に分けられるしくみになっているのです。


クレンジング料の選び方

クレンジングは、その形状によって刺激の強さが変わってきます。

また、落ち具合なども形状ごとに特徴があります。

では、何を基準に選べばいいのかというと、自分のメイクの濃さに合わせて使い分けるがおすすめです。

メイクオフ力が強いほうから順に、オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプとなります。

ふだんのメイクが濃ければ、メイクオフ力も高くないと落ちにくく、また休日の薄いメイクなら弱めでも充分落ちます。

ただし、メイクオフ力の強いものは当然肌の負担になります。

たとえば油分の多いオイルタイプは、「マスカラもスルリと落ちる」「すすぎがスピーディー」などの理由で人気ですが、界面活性剤が多く配合されているため、肌への負担が大きい傾向にあります。

油分を多量に含んでいるのに、水を加えた瞬間、白く乳化して一気に落とすことができるのは、界面活性剤を多く配合しているからなのです。

また、ミルクタイプも最近、肌にやさしいと人気のようですが、水分が多いため、メイクとなじむまでに時間がかかりやすく、肌をこすってしまいがちなので、注意が必要。

デイリーに使うなら、油分も水分も多すぎず、バランスのよいクリームタイプがおすすめです。

なかでも、適度に固めのテクスチャーのものを選びましょう。


クレンジング料の種類と肌への刺激


 

シートタイプ

「油分でメイクを浮かせる」というプロセスを省略し、界面活性剤の洗浄力だけで落とす。 そのため肌ダメージが大きい。さらに、拭くときにどうしても肌に小さな傷がつきやすい。

オイルタイプ

界面活性剤を多く含むため、サラッと簡単に落ちるのが人気の理由。そのぶん肌ダメージも大きい。使用するのは、とくにメイクの濃い日だけに限定したい。

ジェルタイプ

乳化していない透明のジェルタイプは、界面活性剤が多く、肌への負担は大。クリームのような乳白色タイプなら○。

クリームタイプ

適度な油分を含み、肌へのやさしさとメイクオフカを兼ね備えている。ただしメーカーによって多少バラつきあり。

ミルクタイプ

肌にはやさしいものの、水分が多いため、メイクオフカはいまひとつ。薄づきメイクの人向き。


クレンジング

メイクを落とすプロセスは、肌にとっていちばん負担になるものです。

正しい方法で適切な使用量を守ることが、肌をいたわりながら落とす最大の秘訣!意外とできていない人が多いので、ここで正しい方法をきちんとマスターしておきましょう。

① 適量のクレンジング料を手にとる。
クレンジング料を手のひらに適量の半分とります。適量は、商品によって異なります。クレンジング料に添付の説明書を参考に。

② Tゾーンからのせていく
最初に、顔の皮膚の中でも比較的強い部分、額から鼻にかけてのTゾーンにクレンジング料をのせて、指の腹を使い、軽くメイクアップ料となじませていきましょう。

③次にUゾーンへのせる
再び、手のひらにクレンジング料の残りをとり、頬などのUゾーンにクレンジング料をのばしていきます。そして、軽くメイクアップ料となじませておいて。

④ 最後に目元や口元などにもなじませて
もっとも皮膚が弱い部分、目元やロ元などの細かいところにもクレンジング料をのばします。ここはとくにやさしく、ていねいにメイクアップ料となじませます。

⑤ぬるま湯で手早く洗い流して
ぬるま湯を使って、手早く洗い流していきます。多少のベタつきがあっても大丈夫! 続けて、洗顔料を使った洗顔を行えば、ベタつきもキレイに落ちますよ

【唇の下】
凹んでいて汚れが残りやすい場所です。下の歯と下唇のあいだに舌を入れ、盛り上がらせると、なじませやすくなります。指先はくるくると動かして。
【小鼻】
細かな凹みに入り込んだ汚れも、しっかり浮かせましょう。指を上下させながら、やさしくなじませます。

クレンジングのNG行為

・ゴシゴシこする
角層に傷がつき、肌あれを招く原因に。
・クレンジング料をケチる
肌になじませるときに量が少ないと、摩擦が起きやすくなります。
・時間をかけすぎき
肌のうるおいまで取りすぎてしまい、肌にとって刺激に。
・熱湯や冷水ですすぐ
熱すぎるお湯だと肌の乾燥を促し、冷たすぎる水だと油が固まって汚れが落ちません

クレンジング料は肌に負担がかかるので、なるべく短時間で終わらせたいもの。 すすぎまで含めて約1分間で終わらせるよう心がけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る