肌に泡洗顔は必要?ボティは顔と同じケアを

泡洗顔の正しい選び方

あまり化粧品で肌荒れはしない方でも、ある話題の石けんを使うと顔中ブツブツになる方がおられます。
 
実は泡洗顔はクレンジングの次に見る目がとても必要なアイテムだと思っています。
 
なぜなら、汚れを落とすというアイテムである石けんには、刺激になりえる成分が配合されることも多く、クレンジング同様、必要な角質を奪いすぎて、本来であれば反応しないような成分までが刺激となって、肌荒れを起こしたりする可能性があるからです。
 
まず、泡自体がどんなに優しいものでも、角質を剥がします。
 
ですから皮膚が薄めで余分な角質が普段から溜まりにくく乾燥で困っている方は、毎日の泡洗顔は基本的に不要です。
 
古い角質を取り透明感がアップするので、肌状態をみながら週に1~3回取り入れるといいでしょう。
 
また、Tゾーンなど部分的に取り入れるのもおすすめです。
 
皮脂分泌が多く古い角質が溜まりやすい普通肌と脂性肌の人は、肌にあった優しい泡洗顔を選び ましょう。
 
ちなみに、手の刺激がよくないから、たっぷりの泡をつくって泡を転がすようとも言われていま すが、手による物理的刺激が肌荒れや乾燥の原因にはなりません。
 
もちろんゴシゴシしすぎたり、タオルでこすったりするのはよくありませんが、泡にしろ、油分にしろ、手が滑らかに肌をすべる状態であれば、手の摩擦によって、必要な角質まで取ってしまう原因にはなりません。
 

乾燥肌の洗顔方法

乾燥肌の人は、肌に優しい水性のジェルクレンジングを選びましょう。
 
朝の洗顔もジェルクレンジングで行います。
 
乾燥肌の人に多い、ぬるま湯洗顔だけでは、かえって乾燥を招くこともあります。
 

 

首を見れば年齢がわかる?

顔は隠せても「首年齢」は隠せない? 顔のケアに気を取られて、首やデコルテのケアを忘れてませんか?
 
首周りは人目につきやすく、「首を見れば年齢がわかる」とも言われるほど、本人が気がつかないうちに実年齢が表れてしまうパーツです。
 
また、顔を完璧なメイクでカバーすればするほどに、首のたるみやシワ、くすみが目立ちやすい のです。
 

 

首は顔と同じケアを

首やデコルテをボディとしてケアしている人が多いのですが、首とデコルテは「顔」です!
 
顔ほど強くありませんが、毎日紫外線を浴びているところなので、顔と同じケアが必要です。
 
夜はお風呂で、顔を洗うものと同じ「洗顔料」で、首・デコルテを洗います。
 
そしてお風呂上りには、顔と同じく美白成分・保湿成分が入った化粧品でしっかり保湿ケアをしましょう。また、顔に使ったシートマスク、まだまだ使えます!
 
顔をパックした後、首が気になるようであれば首に、デコルテを美白したいようであればデコルテに広げます。
 
シートマスクが少し乾いてきているようなら、化粧水をプッシュして染み込ませるのがおすすめ。
 
ベッドなどに横になってするとやりやすいです。
 
「そしてもちろん、お風呂でのマッサージや、夏場のUVカットも。とにかく、首とデコルテはボディではなく「顔」なので、顔の延長ケアをしましょう。
 

 

枕にも注意

もうひとつ確認して欲しいのが、枕です。
 
枕が高すぎてあごを引いて寝てしまっている人は、寝ている間にシワをつくってしまいます。
 
首がキレイに伸びる形で眠れるような体勢・枕が理想的。寝ている間に、シワをつくっていたら悲しすぎますよね。

関連記事

ページ上部へ戻る