スキンケアは、肌を清潔な状態に戻すことから始まる

メイクが少し残っても肌にとって問題なし

女性の肌の汚れは、ほとんどが化粧品によるものです。
 
洗顔の目的は、その汚れを落として肌を清潔な状態に戻すことです。
 
肌が清潔で健康な状態であれば、新陳代謝がよくなるので、くすみなども自然に改善されます。
 
逆に、健康な肌でなければ、何をつけても変化が現れません。
 
このように、洗顔はスキンケアのベースといえるものですから、できるだけていねいに洗うようにしましょう。
 
ていねいに洗うといっても、メイクを完全に落とそうとしてゴシゴシ洗いにならないように注意してください。
 
メイクが多少残っていても、自然に取れますから何の心配もいりません。
 
それよりも、きれいに落とそうとするあまり、保湿成分まで洗い落としてしまうことのほうが問題なのです。
 

 

洗顔のしすぎは毛穴トラブルに

保湿成分が失われると、水分保持力が低下するため、肌の表面が(角質)が硬くなり、ごわごわした感じになってきます。
 
また、角質には体内に侵入しようとする外的刺激を防ぐ働きがありますから、肌が乾燥すると、自分の身を守ろうとして、ますます厚くなります。
 
角質が厚くなると、毛穴が角質でふさがれてしまいます。
 
これが毛穴の詰まりで、ニキビを悪化させたり、毛穴の黒ずみの原因になります。最近は、毛穴ケアに熱心な人が多いようです。
 
1日に3回以上も洗顔をしたり、毛穴の汚れ取り専用のパックを使っている人も増えていますが、過度の洗顔は角質を厚くしますし、はがすタイプのパックは皮脂腺を刺激します。
 
そのため、皮脂の分泌が活発になり、かえって毛穴が詰まってし まう場合があります。
 
とくにパックは、汚れ具合が一目瞭然ということで、多用する傾向がありますが、毛穴は、肌がうるおっていれば目立たないもの。
 
毛穴が気になるときは、保湿を十分にすることです。
 

メイク落としが楽なのはパウダーファンデーション

洗顔のポイントは、肌への刺激の少ない洗顔で優しく洗い落とす事です。
 
その為には、落ちやすいメイクをする事が1番です。
 
ファンデーションは、クリーム、リキッド、パウダータイプに大別されます。
 
パウダータイプは、基本的には肌に浸透しないので、クレンジング剤の必要はなく、石けん洗顔だけで落ちますから、毎日メイクをする人、肌が弱い人にはこのタイプが安心です。
 
落ちにくい口紅やマスカラなどをつけた場合は、目元と口元だけにスクワランオイル(皮脂に近いオイルで、薬局で購入できる)やベビーオイルを使用するといいでしょう。
 

 

洗顔は石けんの泡で洗う

肌に刺激を与えない洗顔のコツは、「泡洗い」です。
 
石けんを十分に泡立て、肌に手が触れないように、手のひらで泡をやさしく転がす感じで洗います。
 
泡の目安は、指と肌の間のクッションになるくらいが適当です。
 
泡立て専用のネットやスポンジを使えば、楽にたくさんの泡をつくることができます。
 
洗顔の順序は、ほおや額など皮膚の丈夫な部分から始め、最後に皮膚の薄い目元、口元と洗っていくといいでしょう。
 
目の下などは、泡を指で押す感じで汚れとなじませます。
 

 

すすぎは30度以下のぬるま湯か水で

熱めのお湯ですすぐと、必要以上に皮脂を洗い流してしまい、肌を乾燥させる原因になります。
 
真冬は、ぬるま湯と思っても実際は38~40度近いこともありますから、季節ごとに湯温計で計ってみて、ぬるま湯の皮膚感覚を覚えておくといいでしょう。
 
髪の生え際や耳の内側、あごのラインなどに泡が残らないようにきれいにすすぎ、吸湿性のよいタオルで、肌を押さえるようにして水分を吸い取らせます。
 

 

石けんとのダブル洗顔

クレンジング剤を使った場合は、その後の洗顔を省略するのはよくありません。
 
洗顔すると肌が乾燥して、かえってシワになりそうで」と、クレンジングだけですませる人がいます。
 
しかし、洗顔なしではメイクやクレンジング剤の油分が残り、そのままにしておくと、油分が酸化して、くすみや吹き出物ができやすくなります。
 
石けん洗顔は、メイクの油分や汚れ落としも一度にできますが、クレンジングはそうはいかないのです。
 
クレンジングをしたら、続いて石けんなどで洗う、ダブル洗顔が必要です。
 
このことからも、クレンジングはいかに肌への負担が大きいかがおわかりいただけるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る