保湿成分の主な種類|スキンケア

保湿成分は、水分のキープ方法がいろいろあります。 肌の状態に合わせて使い分けましょう。

ここでは3つのタイプに分けてみました。


水分をはさみ込むタイプ

このタイプは、水をサンドイッチ状にはさみ込んで、しっかりキープする性質があります。

代表的な成分はセラミド。水分保持力は最強です。

セラミド

細胞間脂質の約40%を占めている。

大豆から抽出される成カにはさみ込んでキープする特性が。 湿度が下がっても、水分をキープできる最強の保湿物質。

水素添加大豆レシチン

大豆から抽出される成分。

ステアリン酸コレステロール

セラミド以外の細胞問脂質。 保湿力はセラミドより弱い。

スフィンゴ脂質(スフィンゴリピッド)

セラミド以外の細胞問脂質。 保湿力はセラミドより弱い。


水分を抱え込むタイプ

真皮にもともとある成分などがよく使われます。

ただし、これらを肌に使った場合、真皮まで吸収されることはなく、角質内保湿として働きます。

湿度が下がっても、水分を抱え込んだままキープしてくれるのです。

スキンケアアイテムのほか、ボディケアアイテムやハンドクリームにもよく配合されています。

ヒアルロン酸

真皮にあるゼリー状の物質。200~600倍のこれも真皮にある物質。 水分を蓄える力がある。敏感肌の人にもおすすめ。

コラーゲン

真皮では弾力を保つ働きをもっているが、化粧品として配合される場合は、保湿成分となる。 残念ながら、真皮までは吸収されない。

エラスチン

これも真皮にある物質。 保湿カが強いため、化粧品に配合されることもある。

ヘパリン類似物質

血液中のヘパリンという成分に水分含有力があることから、類似の成分を保湿成分として応用したもの。 医薬品にも使われている。


水分をつかむタイプ

水分を吸湿する性質がありますが、冬場など湿度が低いときには保湿力が下がってしまいます。

天然保湿因子(NMF)

角質細胞内にある水溶性の成分。

アミノ酸や尿素、PCA(ピロリドンカルボン酸)など、約20種類の成分で構成されている。

保湿カは強くないけれど、サラッとしていて使用感がよいため、化粧水によく配合されている。

PG(プロピレングリチコール)グリセリン、1.3BG(ブチレングリコール)

多価アルコール。吸湿性に優れ、化粧品にはよく使われる成分。 保湿力はあまり強くない。

関連記事

ページ上部へ戻る