冬の室内の保湿は加湿器で対策

冬の室内の保湿

みなさん、冬は加湿器使っていますか? 意外と使っていない方が多くて驚いてしまうのですが、乾燥肌の人には加湿器は必須です。
 
湿度が高いとウイルスは死減するため、風邪予防にもいいので必需品です。
 
加湿器をつけ忘れた日の翌朝は、喉も唇もカピカピに。そのくらい冬の室内は乾燥しています。
 

 

おすすめの加湿器

加湿器の種類には、ハイブリッド式や気化式などいろいろありますが、おすすめは加湿能力が一番高いスチーム式です。
 
ハイブリッドは、もくもく煙のようなものは出ていますが、実際本当に加湿されているのかどうか、あまり実感できません。
 
それに比べて、スチーム式は、鍋でお湯を沸かすのと同じで、熱い蒸気がもくもくと出ています。
 
1時間もすると、普通の広さの寝室であれば、しっとりしてきます。
 
また熱い蒸気が出るので、部屋の温度もちょっと上がって暖かくなります。
 
ただし、ハイブリッドと比べると電気代が高くつくのがデメリット。
 
熱い蒸気が出るので小さいお子様がいる場合は注意が必要です。
 
「乾燥肌なの」という人は、日々のスキンケア同様、室内の湿度もぜひ見直して下さい。   
 

 

冷えは美肌の大敵

冷えは肩こりなど体の不調だけでなく、血流が悪くなることによって起きる肌荒れ、くすみやクマ、むくみなどを招く、美肌の大敵でもあります。
 
特に夏場、冷房で肩が冷たく冷えてしまっていることはありませんか?
 
肩が冷えて固まってしまうと、顔の血流も当然悪くなってしまいます。
 
ストレッチをこまめにしたり、暖かいものを羽織るなどして、冷えないようにしましょう。
 
夏もシャワーだけでなく、湯船にもきちんと浸かって、ゆっくり温まることを心掛けて。
 
冬は「くつ下がないと眠れない」という人は、ぜひ半身浴を習慣に。37~38℃くらいのお湯に胸の下までゆったり浸かるのがポイントです。
 
肩が冷えないように乾いたタオルを掛けて保温しましょう。美肌の人はお風呂好き、冷え知らずです。

関連記事

ページ上部へ戻る