表情ジワ|知らない間に作ってしまうシワに注意

加齢や乾燥だけではく、表情クセも原因

私たちを老けて見せてしまうシワ。深くなればなるほど改善が難しくなるシワ。
 
スキンケア以外に気をつけておきたいこともあります。
 
それは「表情クセによる表情ジワ」です。
 
しかめっ面でできる眉間の縦ジワ。機嫌も性格までも悪そうに見えてしまいます。
 
これ結構無意識にみんなやっています。
 
一度、テープ(できれば薬局で売っているサージカルテープ)を眉間にとめてチェックしてみてください。
 
テープをとめておくと、眉間にシワを寄せたとき気がつきます。またシワを伸ばした状態でつけておくと、シワ伸ばしにもなるし、表情癖の改善にもいいです。
 
テープでかぶれないように注意しましう。
 

 

寝ている間も注意

そして寝ている間できてしまうほうれい線。
 
横を向いて寝て、頼をグチュッと潰して、しっかりほうれい線を刻みこんでいるということありませんか?
 
目元のシワもこれです。どうせなら、シワをひっぱる形で寝たいですよね。
 
と言っても寝ている間のことですから難しいです。
 
枕を工夫したり、寝る姿勢も見直してみましょう。
 
また枕が高すぎて、寝ている間にできてしまう首のシワは、高すぎる枕など気をつけましょう。
 
笑顔でできてしまう目尻のシワは、これはむしろ年齢を重ねていく上で素敵なシワだと思います。
 
年齢以上にならないよう乾燥対策と紫外線対策をしっかりしたいですね!

関連記事

ページ上部へ戻る