漢方薬でニキビの根本的に絶つ

ホルモンバランスを整えて免疫力を高める

大人ニキビの主な原因は、ホルモンバランスの乱れです。
 
このホルモンバランスの乱れは、ストレスや睡眠不足、不規則な生活、食生活の乱れなど、ちょっとしたことの積み重ねで生じます。
 
そのため、体の内側から改善してくれる漢方薬が役立ちます。
 
漢方薬の基本的な効果は、体内のバランスをとって、自分自身のもつ自然治癒力を高める点にあります。
 
ニキビ治療の場合には、ホルモンバランスを整えたり、皮膚の免疫力を高めたりする漢方薬を用います。
 
漢方薬は、その人の体質や症状を見ながら処方していくので、同じニキビでも処方はひとりひとり異なりますが、大人ニキビに悩む女性の多くは「癌血」体質です。
 
癌血とは、簡単にいうと血行不良のようなものと考えてください。
 
冷え性や日ごろから頭痛や肩こりがある人、激しい生理痛、イライラのある人などは療血体質の可能性があります。
 
修血体質だと、生理前はとくに血行が悪くなり、滞りがちに。そのためニキビができやすかったり、 悪化しやすかったりするのです。
 
この癌血体質を漢方薬で緩和すると、ニキービの根治に効果を示す場合が多いようです。

大人にきびにく使用される漢方薬

まずは入手しやすい薬局やドラッグストアで買った漢方薬を試してみるのもいいでしょう。
 
それで効果が感じられない場合は、漢方を扱う病院で相談してみましょう。一ヶ月の費用は2000~4000円が目安です。
 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

色白、冷え性でむくみやすい体質の人に向いている。生理が遅れがちな人にも。
 

加味逍遙散(かみしょうようさん)

頭痛や肩こり、便秘があり、イライラしがちな人向き。不定愁訴のある人にもおすすめ。
 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

のぼせやすく赤ら顔の人に。生理前に肩こりやイライラなどの症状があり、生理痛の重いタイプの人にも向いている。
 

荊芥連翹湯(けいがんれんぎょうとう)

顔全体に皮脂が多く、赤ら顔で小さいニキビがたくさんできる人に向いている。鼻炎のある人にもよい。
 

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

若い人や男性のニキビに効果的。額など皮脂の多い部分に、赤いニキビがたくさんできている人向き。
 

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

おできのできやすい人に。背中やおしりにも、おできのような痛いニキビができる人向き。ただし、便秘の人には、この処方は効かないので、まず便秘から解決する必要がある。

関連記事

ページ上部へ戻る