毛穴|あなたの毛穴はどのタイプ?

「毛穴」 の構造

黒ずみが気になる、開きが気になるなど毛穴で悩む女性は多いようで す。

毛穴の悩みは、クリニックでの相談内容でも、つねに上位にランクイ ンするもののひとつ。

しかし毛穴ほど、一般の人が正しく理解できていないものはないので はないでしょうか。

雑誌などで目にしたことがあるかもしれませんが、毛穴は基本的に、 毛の横にちょこんと小さな皮脂腺があるという構造になっています。

でもじつは、よく見かけるその毛穴の図は、顔の毛定ではなくボディ の毛穴の図であることが多いのです。

じつは顔の場合は、ボディに比べて皮脂腺が大きく発達しています。 顔は、頭皮に次いで皮脂腺が発達している部分でもあります。

しかしその皮脂腺に対して、毛はとても小さめです。 つまり、顔の毛穴の主役は、手毛ではなく「皮脂腺」。

毛穴いうよりは、むしろ「皮脂腺穴」と呼ぶべき状態なのです。


毛穴の汚 れの原因

毛穴と顔の毛穴の主な役割は、皮脂腺の分泌です。

「毛穴が汚れているのでどうにかしたい」という相談を受けることも ありますが、毛穴に脂がたまっているのは自然なことなのです。

また、毛穴は っくぼみ。なので影ができ、何も汚れが詰まっていな いときでも黒く見えます。

これは、鼻の穴が黒く見えるのと同じこと。穴はどうしても黒く見え てしまうものなのです。


毛穴は主 に遺伝的要因で決まる

毛穴の大きさを気にする人も多いのですが、毛穴の大きさはほとんど 遺伝的なものです。

それには男性ホルモンの量がかなり関係しています。

男性ホルモンが多めの人は皮脂腺が大きくなり、皮脂腺の出口も大き くなるから、毛穴が目立つようになるのです。 この男性ホルモンの多さは、遺伝によって決まるもの。

もともと背の 高い人と低い人がいるのと同じことです。 生まれつきのものは、毛穴用化粧品で小さくなることはありません。


ケアで改 善できる毛穴

毛穴が目立つのは、生まれつきの要素もありますが、皮脂が詰まって 目立っている場合(いわゆる「詰まり毛穴」)や、真皮が衰えて肌がた るみ、毛穴が広がって見えている場合(いわゆる「たるみ毛穴」)もあ ります。

これは、適切なスキンケアでの予防や改善が可能です。 ただし、詰まり毛穴とたるみ手穴では、対処法も異なります。

まずは自分の毛穴がどんな状態なのかを知ること。そのタイプに合っ たケアを的確に行うことが大切です。

毛穴の中の皮脂腺から分泌される皮脂と、古い角質とがまざって角栓 になる。

詰まり毛穴

皮脂と角質がまざり合って目立つ毛穴。

毛穴の中の皮脂腺から分泌される皮脂と、古い角質とがまざって角栓 になる。主にTゾーンの毛穴に多いのが特徴。

【勘違いスキンケア】
・朝、水だけで洗顔している
・お風呂で汗をかいて毛穴の汚れを出す
・ロクレンジングオイルでマッサージしながら、毛穴に詰まった汚れ を落とす ・保湿をおそろかにしている


体の中か らも毛穴対策を

生活習慣が原因で毛穴が目立ってくることもあります。

不規則な生活、喫煙、極端なダイエットなどは、ホルモンバランスを くずし、毛穴の開きを加速させます。

日焼けは肌のハリや弾力を低下させ、たるみ毛穴を招くので厳禁です 。

毛穴を目立たなくするには、こうした生活習慣を見直し、体の内側か らケアすることも必要です。

どうしても毛穴を目立たなくしたいのであれば、皮膚科で治療を受け るのもひとつの手です。

皮膚科でピーリングやレーザーなどの機械を用いて治療すれば、自分 だけのケアより効率がもっと上がります。

たるみ毛穴

加齢にともない縦長のしずく形に広がる毛穴。

真皮のコラーゲンやエラスチンが老化によって弱り、毛穴を支えきれ なくなって、しずく形に垂れ下がった毛穴をさす。おもに頬に多く見 られる。

【勘違いスキンケア】
・洗顔の最後に、冷水や冷やした化粧水で引き締める
・引き締め化粧水で毎日ケアしてる
・アンチエイジングコスメは使ってない
・あぶら取り紙は使わない

開き毛穴

生まれつき皮脂腺が大きいタイプの毛穴。

オイリー肌で赤ら顔ぎみの人に多い。オイリードライに傾くと、敏感 になることも。

【勘違いスキンケア】
・毛穴パックで毛穴の掃除をする
・ゴマージュやスクラブで顔をこすっている

関連記事

ページ上部へ戻る