たるみ毛穴と開き毛穴に効果的な方法は?|スキンケア

ピーリングとレチノールで予防

たるみ毛穴は「予防」が基本です。20代のうちからきちんとケアしておくといいでしょう。
 
では、具体的にどのようなケアが効果的なのかというと、自宅でできることとしては2つの方法があります。
 
まず一つめは、ピーリングを行うこと。ピーリングには、真皮のコラーゲンを増やす作用があるので、毛穴のゆるみを防ぐ効果があります。
 
そのうえ古い角質も取れるので、角栓を防ぐこともでき、詰まり毛穴のケアにもなって一石二島です。
 
自宅でできるピーリングを選ぶ際は、拭き取るのではなく、洗い流すタイプにしたほうが肌への負担がなくておすすめです。
 
そして二つめが、レチノールを配合した化粧品をケアに取り入れること。
 
このレチノールは、医学的にも証明されている、コラーゲンを増やす働きの強い成分。
 
肌への浸透力があり、真皮のコラーゲンに作用するといわれています。
 
ただし、刺激が強いという面もあります。
 
使い始めは、効きすぎると肌がカサカサしてきたりもしますが、使い続けていくことで、徐々にそのカサカサも落ち着いてきます。
 
レチノールはビタミンAの一種で、もともと体内にある成分ですから、基本的には安全なものです。
 

レチノール配合

レチノール入りの化粧品は、おもにシワ対策の目元用の化粧品として売られていることが多いが、たるみ毛穴予防に使っても、もちろん問題ない。

ビタミンC誘導体を取り入れる

レチノールよりも刺激の少ないビタミンCは、たるみ毛穴はもちろんですが、肌が敏感になりがちな開き毛穴タイプでも比較的使いやすい成分です。
 
ビタミンCには、コラーゲンを増やす作用と、若干ではありますが皮脂の抑制作用とがあります。
 
一口にビタミンCといっても、いろいろなタイプの成分があるので、肌への浸透力を高めた誘導体型のものがよいでしょう。 なかでも、とくにおすすめなのがリン酸型やAPPSと呼ばれる新しいタイプです。
 
よく耳にする「純粋なビタミンC」は、化学的にいうとアスコルビン酸ですが、これを浸透しやすい形に改良したものがビタミンC誘導体で、成分表示上では、リン酸型は「リン酸アスコルビル」、APPSは「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」と表示されます。
 
イオン導入機という美顔器を使って、週に1度程度ビタミンCのイオン導入をすると、毛穴ケアに有効です。
 

テカりを感じた時には

皮脂によるテカリをそのままにしておくと、肌の上で酸化し始 の、過酸化脂質という刺激物質に変化してしまいます。 この刺 激物質が老化を促すおそれが! あぶら取り紙でこまめに皮脂 を押さえるようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る