化粧品は日本で使うのなら日本製品がおすすめ

肌質、気候の違いが化粧品の違いに

海外ブランドより日本の化粧品の方が、日本人の肌に合っているからいいと言います。
 
確かに、肌質の違い、そして気候の違いがあります。
 
ヨーロッパは日本より湿気が少なく乾燥しがちな気候で、その乾燥から肌を守るために、角質層が日本人よりも厚いそうです。
 
ですからピーリングなどの角質を取り除くケアが重要視されています。
 
それから水の違いがあります。ヨーロッパの水道水は、硬水で石鹸が泡立たないし、肌が荒れやすいため、洗い流す洗顔よりも拭き取りが主流。
 
クレンジング剤を肌になじませ拭き取った後、さらにトナー(拭き取り化粧水)で拭き取り、メイク落としが完了です。
 
水洗いはしません。後につけるクリームは、油分が多めでこってりしたものが多いです。
 
肌質や気候、水の違いから、その地で生まれる化粧品はずいぶん変わったものになります。
 
日本で使うのであれば、スキンケアは日本の製品がいいと思います。
 
また海外ブランドの化粧品で、「日本人の肌に合わせた処方」という言葉を聞くことがあります。
 
日本で販売されている海外ブランドの化粧品は、日本の薬事法で認められている成分だけを使用した処方に組み直されています。
 
日本人の肌に合わせてつくられたというより、日本の薬事法に合わせてつくられた、ということです。
 
また海外ブランドでも、美白化粧品などは日本での市場が大きいため、日本が中心となってつくられています。

化粧品は成分を確認してシンプルに

夜のスキンケアは、クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液・ナイトクリームと、全部で6品も使っているという友人がいました。
 
買い揃えると結構なお値段で、お財布がピンチのときは、節約して使うことも…。
 
実はこれ、中味を見てみると、化粧水・美容液・乳液・ナイトクリームにさほど違いがありません。
 
形状を変えているだけで、同じものを同じように使っている場合も多いです。もったいないと思いませんか?
 
狙いたいのは、「最小限のアイテムで最大限の効果」です。使われている成分を確認して、アイテム数を絞り、効果的な使い方やマッサージを加えた方が美肌への近道なのです!
 

関連記事

ページ上部へ戻る