化粧品|惑わされない選び方は?

宣伝に惑わされない

化粧品はどのように選んでいますか? 一昔前は、「CMや広告を見て」という声が多かったのですが、賢い消費者の間で「自分が払っている化粧品代の何割かは、宣伝広告費なのでは?」ということが問われ、イメージだけに惑わされることが少なくなってきました。
 
最近では、「雑誌で紹介されていたから」「モデルさんが使っているから」、さらには「お気に入りのブロガーさんが使っているから」という声をお聞きします。
 
うすうす感じている方も多いと思うのですが、モデルさんが使ったり、雑誌に紹介されたり、ブロガーさんが紹介したりするのもセールスプロモーションのひとつに変わりありません。
 
それが悪いわけではありませんが、「この人が使っているからいい!」と単純に信じるのではなく、宣伝のひとつ、として認識した上で選ぶのがいいかなと思います。
 

 

自分の肌で選ぶ

最終的には、じっくり自分の肌で感じること、そしてその化粧品についての情報をしっかり見極めることが大切です。
 
どの化粧品も、お試し用のサンプルを用意しています。
 
まずはサンプルを試して、肌に合うかどうか、大きなトラブルがでないかどうか、使用感は好きかどうかを確認しましょう。
 
その後、現品を1本じっくり使ってみて、自分が望む効果が期待できるかどうか、最終的に判断するのがいいと思います。
 
そうして選んだ化粧品を使うことは、自分のお手入れにも自信が持てるというもの。キレイへの自信にもつながります。


 

化粧品選びのステップ

①サンプルで試す
・肌に合うか?(肌タイプ、悩みなど)
・トラブルは起きないか?(使用されている成分を確認)
・使用感は好きか?(しっとり、さらりなど)
②現品でじっくり試す
・効果は期待通りか?
・使い続けてトラブルは出ていない か?
 

 

肌が安定しているときに

初めての化粧品を使うときは、インターネットなどで、自分と同じような肌タイプの人がどんな感想を持っているか、ある程度参考にしてみるといいです。
 
できれば、肌の状態が安定している時期を選びましょう。
 
どうしても、肌状態が悪いときにお試しするしかない場合は、せめてパッチテストをし てください。
 
生理前や生理中は、肌の状態がゆらぎやすいので、生理後、肌の状態が落ち着いてか らがおすすめです。
 
また、サンプル品は携帯するのに便利だからと、旅行時に試される人もいらっしゃいます。
 
旅行時は、生活時間も不規則になりがちなうえ、海外だと水も全く違うので、きちんとしたお試しができません。
 
肌トラブルが起きて、楽しいはずの旅行が台無しということも。
 
旅行のときは使い慣れたものを持っていくようにしましょう。 また、クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液・美容液・クリーム……とラインでお試しセットになっていることが多いのですが、ラインで買い揃える予定がないなら、気になるものから2~3日、間をあけて使いましょう。
 
一度に使ってしまうと、何がよくて何がよくなかったのかがわからなくなってしまいますので、1点ずつ試すのがポイントです。
 

トラブルが起きたら場合

化粧品を試した後、赤みやかゆみ、ピリピリ感など、肌の異常を少しでも感じたら、その化粧品は合わないと判断しましょう。
 
「高かった」「友だちがいいと言っていた」あるいは、「好転反応かも……」と無理をして使い続けないように。
 
あなたの肌の声を信じましょう。
 

 

美肌の人の化粧品選び

美肌の人は本当に化粧品選びに厳しいです。
 
ラインでずらっと試すのではなく、一品一品じっくり丁寧に選びます。
 
カタログやHPの表面的な情報だけでなく、全成分にも目を通し、メーカーの姿勢を見て、疑問があれば問い合わせるなどの努力も惜しみません。

関連記事

ページ上部へ戻る