化粧品の見極め方は?

化粧品同士の相性を考える

ときどき「他社の製品と重ねて使うのはよくないですか?」というご質問をいただくことがあるのですが、化粧品は、他メーカーのものを重ねて使うと肌によくない効果があるということはありません。
 
ただ、より効果を実感できるように、化粧品メーカーはライントータルで組み立てて処方しています。
 
例えば、しっかり落とすクレンジングにはこってりめの保湿化粧水や保湿クリームが必要になります。
 
これらを極端な組み合わせで使ってしまうと、乾燥してしまう、べたついてしまう、というケースも出てきてしまいますよね。
 
同じラインで使わないときは、こういった相性を考える必要があります。
 

ライン使いは一層効果を実感できる場合も

また、クリームはこの成分メインだから、化粧水ではこの成分メインにと、トータル的に肌への満足感が高まるように組み立ててもあります。
 
メーカーは、そのようにコンセプトを持ってつくっているので、ラインで使うとより一層の効果を実感できるということは当然出てくると思います。
 
ただし、このブランド一筋、というのは、選択の幅を狭めてしまうことにもなりかねません。
 
肌は常に変化しているし、化粧品も常に変化しているので、気になるものがあったら、1品からでも試して取り入れてみるのがいいと思います。
 

クレンジング・洗顔で見極める

スキンケアの要でもあり、スタート地点でもあるクレンジングと洗顔。
 
肌を潤す役割の化粧品や乳液、保湿クリームよりも、そのブランドのコンセプトや考え方が表れやすい です。クレンジング・洗顔で見極めるというのも、ひとつの方法です。
 

 

薬用化粧品とは?

「薬用化粧品」には、効き目のある化粧品というイメージがありますよね。
 
薬用化粧品 (医薬部外品)とは、簡単に言うと、厚生労働省によって効能・効果が認められた成分を決められた量だけ配合し、承認された化粧品です。
 
商品の広告や宣伝にその効能を謳うことが認められています。
 
商品名に「薬用」と入っていたり、製品のパッケージ上に「医薬部外品」の表示がつきます。
 
ですが、実際は手続きと費用が必要なだけで、通常の化粧品以上に効果があるかどうかは一概には言えません。
 

配合成分がわからない場合も

配合%順に全成分表示義務のある化粧品と違い、薬用化粧品は、「有効性分」と「その他の成分」をわけて表示することができます。
 
そしてその「その他の成分」については、全成分表示義務はありませんし、表示したとしても配合%順に並べる必 要がありません。
 
ですから、イメージのよくない成分を表示しないということもできてしまいます。
 
薬用、医薬部外品は効き目がありそうなイメージですが、その効果は不明です。むしろ、全成分が配合%順にわからないと、肌トラブルが起きたときに困ったりするのではないかと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る