化粧水|スキンケア

手の平に化粧水をつけている画像

化粧水を使う理由は?

「化粧水=肌のうるおいのもと」と思われがちですが、じつは間違いです。 化粧水が、そのまま肌の水分になるわけではありません。

また化粧水だけでは、充分な保湿はできません。

なぜなら、化粧水の大半は水なので、水の中に保湿成分はあまり配合できないからで す。 保湿効果に過度の期待は禁物です。

では、化粧水は何のためにつけるのかというと、清涼感があって、快い気分になるから 使っているようなもの。

それも大切なことですが、化粧水はスキンケアにとって不可欠というものでもないのです。

化粧水の選び方

肌をみずみずしく整えるという意味では化粧水は使用感の好みで選んでいいと思いま す。

ただ、使うからには効果を求めたい人は自分に必要な美肌効果のある化粧水を選びま しょう。

おすすめはビタミンC誘導体

いちばんのおすすめは、ビタミンC誘導体入りの化粧水。

ビタミンC誘導体は、抗酸化や美白、毛穴の引き締めなど、さまざまな効 果をもつスーパー成分です。

クリームなどより水に配合したほうが安定性が高まる成分なので、化粧水なら好ましいといえます。 水溶性の美肌成分を含む化粧水もおすすめです。


化粧水のつけ方は手?コットン?

普段のスキンケアでは、コットンを使う必要性はないでしょう。

なぜなら、コットンを肌の上にすべらせるたび、力を入れすぎたり、強くパッティングしたりなど、みなさんの陥りやすい間違いポイントがたくさんあるからです。

どんなに上質のコットンでも、強くゴシゴシこすると繊維の刺激で角層に小さな傷がつきやすいのです。

角層に傷がつくと、肌のうるおいが蒸発し、外からの刺激が肌内に入り込みやすくなります。すると肌は乾燥して、老化を招く要因にもなりかねません。

たまに、手でつけるとムラになる、手が化粧水を吸ってしまうなどと耳にしますが、こ れらはすべて俗説です。

そもそも、手にとった水も肌の中に吸い取られてしまうなら、水をすくうこともできま せんよね?

水はしっかりすくえているのですから、手で化粧水をつけても、まったく問題はないのです。


水溶性の美肌成分

【ビタミンC誘導体】
ニキビ、シミ、シワ、毛穴のたるみなど、あらゆる肌悩みに対応。いくつか種類があるが「リン酸パルミチン酸型(APPS)」がもっとも効果が高い。
【各種抗酸化成分】
水溶性の抗酸化成分なら、化粧水で使う意味がある。オウゴンエキス、リコピン、グレープシードエキスなど各種植物エキスがよく使われている。
【保湿成分】
アミノ酸(天然保湿因子)、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分は、水溶性なので化粧水にもよく使われる。ただし、ヒアルロン酸、コラーゲンの配合量は少量。 なぜなら高濃度に配合しているものは美容液のカテゴリーになるため。


化粧水のやり方

手で化粧水をつけるときにも、肌を刺激しないよう気をつけたい点があります。 ここではそのポイントをご紹介します。

①手のひらに適量の化粧水をとる
使用量は化粧水によって異なるので、取扱説明書を参考にしてください。ただし、化粧水はつけたぶんの大半が蒸発するのであまりたっぷりつける必要はありません。

②顔全体にさっとなじませる
まずは手のひらで顔全体にさっとなじませます。仕上げに、乾燥しやすい目のまわりとフェイスラインに、手のひらを使って軽く押さえてなじませましょう。

NG行為

・手でパチバチとたたく
たたく刺激が赤ら顔やシミの原因になることもあるので注意が必要。
・何度も重ねてつける
たっぷり重ねづけしても、角層の2~3層にしか浸透しません。


コットンの正しい使い方

ふだん使い慣れているコットンで化粧水をつけたいという人に、どうしても気をつけてもらいたい注意点は必ずやさしく肌をいたわることです

①コットンに適量の化粧水をとる
量はコットンの裏側までしっかりしみるくらいが目安です。化粧水の量が少ないと、肌に刺激を与えることになるので注意しましょう。

②顔の内から外へとまんべんなくなじませる
化粧水をつけたコットンを、顔全体にやさしくすべらせるようになじませていきます。

化粧水をひたして使うシートマスクなども人気ですが、肌に水分をしみこませても、時間とともに蒸発してしまいます。 保湿パックを行うなら、石こう状に固まり、水で流すタイプがおすすめです。

NG行為

・強くこする
肌を強くこすりすぎると、肌を傷めることに。
・100回パッティング
コットンでたたく刺激は強すぎ。深く浸透するわけではないので、無意味。

関連記事

ページ上部へ戻る