くま|タイプに合わせたお手入れや治療

目のまわりの特異な構造

疲れた印象や老けた印象を与える、目の下のくま。
 
じつはこのくまにも種類があり、それを知って対策を立てないとなかなか解消できません。
 
まずは、真の意味でのくまといえる青ぐま。これは血液が青く見えるもので、血行不良が原因です。
 
二つめは、むくみやたるみによって現れる黒ぐま。
 
このタイプがもっとも多いようなのですが、老化現象なのでアンチエイジングケアが必要になります。
 
三つめは、シミやくすみによる茶ぐま。これは目の下に小さなシミが連なるようにできてくまのように見えるようです。
 
また、目をこすったり、目元に湿疹などがよくできたりする人は、角質肥厚や色素沈着が起こりやすく、それが茶色く見える要因になります。
 
このように、主に3タイプのくまがありますが、年齢とともに、どのタイプのくまも目立ちやすくなる傾向にあります。
 
その理由は目のまわりの構造にあったのです。
 
眼球のまわりは、クッションのような役割を果たすやわらかい脂肪で覆われていて、それをまぶたが支えています。
 
でも、まぶたの皮膚はとても薄いうえ、皮脂腺が少ないために乾燥しやすく、神経も敏感な部分です。
 
しかも、まばたきなどで絶えず動く部分なので負担も相当かかっています。
 
ましてまぶたはメラノサイトの活動が盛んなため、とくに色素沈着を起こしやすい部分。こすったりするとすぐに黒ずんでくるのです。
 
どのタイプも目立つのには個人差があります。それは、まぶたの厚さや彫りの深さなど、顔の構造が人によって異なるためです。
 

NGスキンケア

・アイメイクを落とすとき、コットンや手で強くこすっている
・くまはすべて血行不良だと思い込み、がんばってマッサージしている


 

お手入れや治療方法


 

青ぐま

目のまわりの手毛細血管の血流が滞ることで起こる青ぐま。
 
この最善の解決策は、血液の循環をよくすることです。
 
血行促進といえば、まずマッサージ。顔全体の血液循環をアップさせる為に、目のまわりだけではなく顔全体に行いましょう。
 
目のまわりは単に皮膚が薄いために青さが目立っているだけで、何も目のまわりだけが血行不良を起こしているわけではないのです。
 
青ぐまが出ているときは顔全体の血行が悪い状態だと考えてください。
 
そのほか、皮膚全体の代謝を促す有効成分を配合したアイクリームもよいでしょう。
 
たとえば、ビタミンE、高麗人参エキスやセージエキスなども代謝をよくする作用があるので、参考にしてください。
 
さらに、体全体の血液循環をよくするのも効果的です。それにはウオーキングなどの適度な運動がおすすめです。

 

黒ぐま

下まぶたの薄い皮膚が、年齢とともに薄くなり弱ってくるために、たるんで影ができてしまうのが黒ぐま。
 
むくみが加わると、さらに目立つという特徴があります。
 
対処法としては、原因となるたるみを緩和するため、コラーゲンを強化するお手入れが必要に。
 
それには、レチノールやビタミンC誘導体、ピーリング剤などコラーゲンを増やす作用のある成分を配合した化粧品を使うといいでしょう。
 
これらの有効成分はシワにも有効なので、使い続ければ一挙両得の効果が得られます。
 
むくみに関しては、冷たい飲み物や塩分を控える、運動をするなどのほか、目のまわりのツボ押しなどが有効です。
 
【黒ぐま予防に有効なツボ】
①瞳子髎(どうしりょう)
目尻の端のくぼみにあるツボ。額のニキビにも効く。
②救後(きゅうご)
目の下の骨の際で、目尻から目頭に向けて四分の一内側にある。目尻の小ジワにも有効。
③四白(しはく)
目の下中央から親指1本ぶん下に位置する。顔全体のむくみ、シワ、くすみにも効く。

 

茶ぐま

小さなシミの集合体や、こすることによる色素沈着や角質肥厚などが茶ぐまの正体です。
 
どれもメラニン色素が関係しているので、通常の美白ケアと同じ お手入れを行ってください。
 
もし、こすりすぎなどで角質が厚くなっているのであればピーリングが効果的です。
 
ただし、かゆみがあったり、湿疹ができていたりする場合、ピーリ ングができないので、まずは皮膚科で相談して下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る