くすみ|原因や対応方法は?

くすみの原因は1つではない

「顔色がさえないなあ」と思うのは、どんなときでしょうか。
 
くすみは主観的なものなので、人によってどういう状態をそう感じるかは異なります。
 
では実際、どんなときにくすみが生じるのでしょう。
 
一つは、古い角質がたまって角質が厚くなっている場合。
 
これは、角質肥厚と呼ばれ、古くなった角質がはがれ落ちず、肌表面に残った状態をさします。
 
ターンオーバーが低下したときなどによく見られます。角質細胞そのものが若干黒みを帯びているので、厚く重なると灰色がかって見えるのです。
 
二つめは、「乾燥」による場合。
 
肌は乾燥して水分を失うとバリア機能が低下します。
 
そしてそれを補うために、角層が厚くなってくるのです。
 
すると、前述した角質肥厚と同じ状態になり、肌はくすんで見えます。
 
三つめは、「血行不良」が原因の場合。順眠不足などで血流が滞ってしまうと、血色が悪くなり、肌がくもって見えることがあります。
 
そのほか、紫外線による軽い日焼けのようなものや、摩擦による炎症性色素沈着なども、「くすみ」としてとらえられることがあります。
 
このように、くすみにはいくつもの原因が考えられます。原因によって改善方法が異なるので、まずは自分のくすみがどのタイプにあてはまるのか見極めることが必要です。
 

 

角質肥厚が原因ならピーリングが効果大

角質肥厚が原因でくすみを起こしている場合、本来は保湿が必要なのですが、角質が厚く硬くなった状態で、美容液などを塗ってもなかなか浸透しません。
 
そのため、一度、古い角質をピーリングで取り去ると、美容液などの有効成分も浸透しやすくなり、くすみを緩和できます。
 
ただしピーリングを行ったあと、必ずセラミドなどの保湿成分を配合した美容液などで保湿するのを忘れずに!
 

 

乾燥していると角層はグレーがかる

乾燥した肌の角層は、グレー味が強く出る傾向にあることがわかっています。
 
これは、とくに冬に多いくすみの原因です。
 
なぜなら、気温が下がると血行が悪くなって、代謝が悪くなったり栄養や酸素が行き渡らなくなったりして、乾燥しがちだからです。
 
この場合、保湿を行うと緩和されます。セラミドやヒアルロン酸など保湿効果のある成分が配合された美容液などでケアすると、早い段階で肌が明るく見えるようになります。
 

どうしてもくすみの気になる朝にぴったり

朝、メイクをしようと思ったら、顔色がどんよりしている……なんてことは、だれしも経験したことがあるはず。
 
そんな悩みにおすすめなのがパックです。
 
パックには、肌を密閉して有効成分を肌内にグッと押しこむ効果があり、速効性が期待 できます。
 
パックにもいろいろな種類がありますが、くすみの原因である乾燥と血行不良を緩和するには保湿、またはアンチエイジングのタイプを選ぶといいでしょう。
 
アンチエイジングのパックなら、元気のない肌に活力を与えて血流を活性化させるうえ、保湿力を兼ね備えているものもあるので一石二鳥です。
 
シートタイプのパックを使うときは、使用時間の目安を守りましょう。
 
美容液状(または乳液状)のものがたっぷりとシートに含まれているので「全部浸透するまで肌上においておきたい」と思う人も多いようですが、成分は時間内に浸透するよう設計されているので、それ以上行う必要はありません。
 
パックのように時間をおくケアは、ゆったりと楽しみながら行うことが継続のポイントです。 好きな音楽を聴きながら、アロマの香りを楽しみながら、自分が心地よくできる方法を見つけてください。
 

 

血中の酸素不足はくすみを招く

そもそも肌色というのは、角層の半透明(グレー)のフィルター、メラニン色素のイエローブラウン、血液の赤のバランスによって決まっているものです。
 
たとえば血液に酸素が充分に行き渡っているときは、明るくピンクがかった血色のよい肌色になります。
 
しかし血行が悪くなると、酸素不足で血液の色が暗くなり、メラニンの黄味や角層のグレー味が強くなって、くすんで見えるのです。
 
そのため、改善方法としては、血行を促すマッサージがもっとも有効。マッサージクリームなどを塗ったうえで、強くこすったりせずに、優しく行いましょう。
 
また、ツボ押しや適度な運動も全身の血行せずに、やさしく行いましょう。
 

たばこは肌によくない

喫煙すると、毛細血管の働きが弱まるといわれています。喫煙している人は、唇を見るとたいていくすんでいるので、すぐにわかるほど。
 
毛細血管の働きが弱まると、肌には酸素や栄養が行き渡らず、血行不良になってく。すむのはもちろん、老化を早めかねません。たばこも紫外線と同様、百害あって一利なしですから、喫煙をしないに越したことはありません。

関連記事

ページ上部へ戻る