乳液&クリーム|スキンケア

乳液やクリームは不要?

乳液やクリームを使う最大の目的は、油分を補う事にあります。
 
皮脂の分泌量が充分にある30代までは、きちんとした保湿ができていれば油分補給は必要なく、乳液やクリームも不要のはずです。
 
でも10代からは、水分だけでなく油分も低下するので、セラミド配合美容液を全体につけた上から、乾燥しやすい目元や口元には乳液やクリームを重ねることも必要かもしれません。
 
適度な油分を補うことは、肌をやわらかく、なめらかにします。
 
動きの激しい部分には、このようなケアも有効です。
 

 

乳液の選びかたは?

乳液を使うなら、セラミドなどの保湿成分が配合されたものをおすすめします。
 
美容液と乳液の中間のようなテクスチャーで、保湿成分をたっぷり含んだ乳液というのも出ています。
 

 

乳液とクリーム、どちらを使えばいい?

乳液とクリームの両方を使わなければいけないかというと、そうではありません。
 
乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスの違いです。油分が多く、こっくりとしたテクスチャーをもつのがクリームです。
 
目元や口元にポイントとして使うなら、油分補給効果の高いクリームのほうがおすすめです。
 

 

どんなクリームを選んだらいい?

肌に油分を補う目的で使うのなら、高価なクリームではなく、敏感性のシンプルなものでも充分です。
 
アトピー肌用のスキンケアラインから選ぶと、安心で手ごろなものが見つかりやすいでしょう。
 
ベタつくのが苦手な人向けに、ジェルのような軽いテクスチャーのクリームも出ていますが、それでは油分を補うという意味で使う甲斐がありません。
 
コクのあるクリームらしいクリームを選びましょう。
 
またクリームには、油分の補給目的のものに加え、特殊な美容効果をねらったものもあります。
 
皮膚科学的な立場からおすすめできるのは、シワに効くのはレチノール、シミに効くのは油溶性甘草エキスなどです。
 
これらのアンチエイジングをねらったクリームでも、極端に高いものでなく、5000円~1万円ぐらいのもので充分です。
 

 

おすすめの乳液&クリーム

乳液

セラミドなどの保湿成分を配合した乳液がおすすめ。ただし、皮脂の分泌量油分を与えないほうがいいので、乳液の中でも油分をあまり多く含まないものを選ぶのがポイント。
 

クリーム

油分補給で使うなら… 敏感肌用のシンプルなものがよい。 アトピー肌向けのスキンケアラインから探すと、安心で手ごろな価格1000~3000円程度のものが見つかりやすい。
 
特別な美容効果をねらうなら レチノール:ビタミンAの一種。線維芽細胞に働きかけて、コラーゲンを増やす作用がある。目元用のシワ対策クリームなどには、レチノールがほとんど含まれている。 油溶性甘草エキス(グラブリジン): 甘草という漢方薬から抽出される美 白成分。抗炎症作用を併せもつ。
 

乳液の使いかた

最近の乳液は、みずみずしいテクスチャーのものが多く、スッとしく肌になじんでいきます。

あまり強くすりこんだりせず、優しく肌の上をすべらせるように。

①手のひらに適量とって頬へ広げる
乳液の取扱説明書に書かれている適量を手のひらにとったあと両手のひらにのばし、頬から広げてなじませていきます。

②細かい部分にもていねいに
目のまわりや口元などにもていねいにのばしていきます。ただし、テカりがちな人は、額や小鼻などのTゾーンは控えめにしておきましょう。

NG行為

・強くこすったりすりこんだりしてつける
肌への摩擦は、角層を傷つけるので絶対にNG。強くこすったり、すりこんだりしなくても、ちゃんと浸透するのでご安心を。

・テカりがちな部分にもたっぷり塗っている
皮脂分泌が多くテカりがちな部分に油分を与えすぎると、皮脂が詰まってニキビなどの原因になることがあります。


クリームの使いかた

皮脂分泌量が少ない部分を目安に塗ります。

20~30代なら目元や口元のみに、40代以降なら目元や口元にプラスして皮脂の足りない部分につけましょう。

ふだんから自分の肌をよく観察しておくと、どこに塗ればいいのかわかるようになります。

①目元や口元にピンポイントで塗る
適量のクリームを薬指にとり、皮脂腺の少ない目元やロ元に、薬指でやさしくなじませていきます。(目元や口元のほか、皮脂分泌があまり感じられない部分には、同じ要領で適宜つけていきます)。

②薬指でトントンとなじませて
目元やロ元などの皮脂腺の少ない部分にだけ塗りたいので、ほかの部分に広がらないように薬指でトントンとやさしくたたくようになじませましょう。

NG行為

・強くこすったりすりこんだりしてつける
こする、すりこむなどの行為は、肌への刺激となり、角層を傷めかねません。
・大量につけすぎ
皮脂分泌の少ない部分にのみつければ充分。つけすぎると、テカりなどの原因になってしまいます

関連記事

ページ上部へ戻る