むだ毛|スキンケア【完全テクニック】

「抜く」は皮膚の一部をちぎることに

肌の露出が増える季節になると気になる、わきや手脚などの「むだ毛」。のばしたままにはなかなかできないのでやむを得ないのですが、むだ毛処理はどうしても肌に負担をかけてしまうと心得てから行いましょう。
 
とくにカミソリなどで「剃る」よりも、毛抜きなどで「抜く」ほうが、肌へのダメージは大きくなります。
 
というのも、抜くという方法では、皮膚の一部をちぎることになるからです。
 
毛は、毛根にある毛母細胞の分裂によって成長します。
 
毛母細胞は、まわりにある血管から酸素や栄養をもらって細胞分裂をくり返します。
 
つまり、毛根自体は生きているのです。
 
毛を抜くと、この生きた組織を引き裂くことになるので、当然痛みをともないます。
 
目には見えませんが、毛穴の奥で多少の出血もしています。
 
これをくり返していると、毛穴が炎症を起こして膿んだり、その炎症の跡がシミになったりと、さまざまな肌トラブルが起きてしまいます。
 
まずは次を参考に、各除毛方法の長所、短所を理解したうえで、無理のない方法を選んでください。


 

剃る

【電気カミソリ】
穴の中に毛を引き込みながらカットしていくので、深剃りができる。ただし、そのぶん、皮膚までいっしょに切ってしまうことも。 その傷口からかゆみが出たり、シミになったりすることもある。
 
【安全カミソリ】
T字型の安全カミソリは、自分で細かい手加減がしやすいのが特徴。毛穴が鳥肌のようにボツボツと立っている人は、深剃りの電気カミソリだと肌を傷つけやすいので、こちらのほうが向いている。ただし、剃ったあとに肌が乾燥して、かゆくなることもある。
 

 

抜く

【毛抜き】
毛抜きを使って1本ずつ抜く方法。手間がかかるうえに、トラブルもおきやすい。脇をずっと抜いていると皮膚が硬くなり、つれたようになることもある。また皮膚の下に埋もれた「埋没毛」ができ、そこから毛嚢炎を起こすことがある。
 
【テープ】
除毛したい部分に粘着力のある専門のテープを貼って、はがし取る方法。1度にたくさん抜ける手軽さはあるが、そのぶんダメージも大きい。また、ワックスと違って、角質も一緒にはがしてしまうことも多い。肌の弱い人は極力控えたい。
 
【ワックス】
温めたワックス(ミツロウやパラフィンなどの固形油)を皮膚に塗り、冷えて固まったらはがす。皮膚が温められるため、毛抜きやテープなどより若干負担は少ない。またパラフィンと同じ原理で、除毛液に肌がしっとりする保湿効果も。
 
【家庭用脱毛機】
電気式の脱毛機で、皮膚を温めたり、まわりの皮膚を押さえたりしながら抜くので、毛抜きよりは肌への負担は少ない。しかし、抜くことに変わりはなくトラブルも多い。「永久脱毛できる」などとうたった家庭用脱毛機があるが、抜いている限りまた毛は生えてくる。「レーザー照射で永久脱毛」という商品も出回っているが、レーザーは医療機関でしか扱えないので、家庭用として販売される事はない。

関連記事

ページ上部へ戻る