『にきび』出来る理由(プロセス)|スキンケア

ニキビのできる理由は複雑

ニキビは、だれもが一度は経験したことのあるポピュラーな肌トラブルです。
 
それなのに、ニキビができる理由やしくみを理解している人は非常に少ないようです。
 
なんといっても、理由やしくみを知ることが的確な解決への道しるべとなりますので、ここできちんと説明していきましょう。
 
そもそもニキビはどうしてできてしまうのでしょう。
 
最初に誤解を解くと、ニキビは必ずしも皮脂が多いからできるわけではありません。
 
その証拠に、乾燥肌の人でも大人ニキビはできるのです。
 
また、皮脂の少ない頻にだけできる人もいます。
 
ニキビができるきっかけは、毛穴の出口の角質が厚くなって、毛穴をふさいでしまうこと。
 
ふさがれた毛穴の中では皮脂が詰まり、アクネ菌が過剰に繁殖して、ニキビになるのです。
 
乾燥している部分にでもニキビができるのはこのためです。
 
昔から「アクネ菌がニキビの原因菌だから殺菌すべき」という考え方があるようです。
 
たしかに毛穴の中で繁殖してしまうとニキビを悪化させる一因になりますが、アクネ菌はそもそも皮膚の常在菌です。
 
肌表面のバランスを正常に保つ働きを担っているので、すべて殺菌してしまうわけにはいかないのです。
 
では何がニキビの原因かというと、体内バランスの乱れ、要するにホルモンバランスのいった体内バランスの乱れには、ストレスや不規則な生活、偏食、睡眠不足、運動不足など、生活のあらゆることが影響しています。
 
ニキビの原因を知りたい気持ちはよくわかりますが、あまりにも複雑にからみあっているので、原因を簡単には特定できないケースが多いのです。
 
ニキビが慢性化している人は、スキンケアだけでは治らないことが多いので、皮膚科で早めに受診してください。

 

間違ったスキンケア

・メイクをしていないときもクレンジングをして、ダブル洗顔をしている
・洗顔後は化粧水しかつけない
・ニキビが化膿したら、イオウ配合の塗り薬で乾かして早く治す
・大人ニキビに乾燥させるようなニキビ用化粧品を使う


 

大人ニキビの特徴

20代からできる、いわゆる「大人ニキビ」が、最近とても増えています。
 
この大人ニキビには、10代のニビとは違う大きな特徴が2つあります。
 
一つはできる部位が異なる点。とくに、あご周辺にできゃすく、治りにくいうえ、跡が残りやすいという難点があります。
 
もう一つは、睡眠不足やストレスで悪化するという点です。
 
食生活ももちろんですが、それよりも睡眠のほうがはるかに大きく影響します。
 
いろいろなことが少しずつ積み重なって、ニキビの原因をつくり出しているのです。
 
たとえ昔からの習慣であっても、肌に悪そうな習慣はすべて改善していくのが美肌への第一歩です。
 

 

ニキビが出来る段階

ニキビは、ある日突然ポッと発生したように思えますが、もちろんそんなことはありません。
 
ニキビのできるプロセスは噴火に似ています。
 
マグマが地下で沸々と燃えたぎっているかのように肌内部で炎症が起こり、それが肌表面にポンと噴火するように出てくるのです。
 
肌上に出るのは最終段階だととらえると、肌内では沸々とある程度の期間かけてできているのです。
 
この、表面に見えていない時期からケアすること、すなわち 「予防」が、ニキビケアの最重要事項。
 
ニキビができてから、つまり噴火してしまってから治すのは、より大変になるからです。
 

 

にきびが出来るプロセス

突然現れたように思えるにきびも、実は段階を経て成長してきたもの。
 
すべてのニキビが第四段階まで進むわけではなく、途中で治るケースもあります。
 
【第1段階】
ニキビのでき始め 男性ホルモンや皮脂の分解産物の影響で、角層が角化異常を起こし、毛穴の出口が狭くなる。
 
【第2段階】
白ニキビが出来る 毛穴の出口が狭くなると、皮脂が毛穴の中にたまり、それをエサにアクネ菌が繁殖して、毛穴内は炎症を起こす。
 
【第3段階】
炎症が起こる 炎症が起こると、毛穴のまわりまで赤く腫れ上がる。毛穴の中やま わりに白血球が集まり、アクネ菌を攻撃し始める。
 
【第四段階】
ニキビ跡ができる 炎症が進むと、毛穴の壁が壊れて炎症が広がることも。炎症が強くなりすぎると、凹んで跡が残ったりする。

 
クレーター状の陥没が残るのは、必ずしもつぶしたためでは ない。
 
炎症が強くなりすぎると、どうしても凹みやすい。炎症の強さは、体質によるもの。

関連記事

ページ上部へ戻る