にきびを防ぐための化粧品の使い方

ピーリング化粧品を使う

ニキビを防ごうと、スキンケアをしっかり行い、生活習慣を見直しても、出来てしまうことがあります。
 
それはたいてい、生理前の時期が多いようです
 
生理前はホルモンバランスの変化によって、ニキビができやすく悪化しやすい時期。
 
これは黄体ホルモンが皮脂分泌を活発にさせることが大きくかかわっています。
 
そこで、この時期はスペシャルケアとして、ピーリングを取り入れてみて下さい。
 
ピーリングには余分な角質をはがす作用があるので、毛穴が詰まりにくくなるのです。
 
ピーリングコスメには拭き取りタィプや洗い流しタイプなどありますが、肌にやさしいのは、ミルクかジェルの洗い流しタイプです。
 
普段から週に1~2回のピーリングケアを取り入れて、生理前のニキビを予防しましょう。
 

 

油分が少ないファンデーションを選ぶ

メイクアップ料の進化で、最近では昔のように「メイクをしたからニキビができる」ということは、かなり少なくなりました。
 
ただ、メイクアップ料の選び方には注意が必要です。
 
たとえば油分の含まれているクリームタイプのファンデーションを使うと、ニキビが悪化することがあります。
 
とくにオイリー肌の人は、パウダータイプのファンデーションか、ルースパウダー(粉おしろい)にとどめたほうが無難です。
 
ただ、どうしてもニキビ部分をカバーしたいというのであれば、その部分のみ、コンシーラーを使うのなら問題ありません。
 
そのほか、化粧下地も油分を含んでいてニキビには適さないので、保湿美容液などを塗った上から直接、パウダー類を重ねて塗るのがおすすめです。
 
パウダーだけでは粉浮きしてつきにくい場合は、保湿成分が配合されているものなど少ししっとり系のパウダーファンデーションを選びましょう。
 


 

男性ホルモンの影響

男性ホルモンが多いからニキビが出来るという噂もありますが、あごやフェイスラインなど男性のひげの生える部分にあたるので、そういった噂があるのでしょう。
 
たしかに、ニキビの初期段階「角化異常」には、男性ホルモンがかかわっています。
 
でも本当に血中で男性ホルモンが増えているのなら、毛深くなったり、のどぼとけが出たりなど、男性化の兆候が体のあちこちに現れるはずです。
 
そもそも男性がみなニキビ肌かといったら、そうではありませんよね。
 
ニキビは「男性ホルモンが多いからできる」とか、「血中の男性ホルモン濃度を下げれば治る」などという、単純なものではなくその原因は複雑です。
 
原因の究明は難しいので、とにかく生活改善とスキンケアの見直しが先決になります。
 

 

皮膚科で受けられるニキビ治療

主に飲み薬(抗生物質やビタミン剤)、塗り薬、漢方薬などの処方があります。
 
慢性化した大人ニキビの場合、塗り薬だけで治すことは難しいもの。
 
ニキビができるときは毛穴の出口がふさがれている状態なので、塗り薬が毛穴の奥まで浸透しないからです。
 
そこで、ビタミン剤や抗生物質などの内服薬を併用します。
 
また、ニキビの原因にはホルモンバランスの乱れが関係するため、それを整えたり、皮膚の免疫を高めたりする漢方を処方することもあります。
 
そのほか、ニキビを早く治し、また陥没や色素沈着などのニキビ跡を残さないよう、ピーリングを行うこともあります。
 
ビタミンC誘導体のイオン導入などを組み合わせると、さらに効果が出やすくなります。

関連記事

ページ上部へ戻る