オーガニック・自然派だから優しいと思っていませんか?

化粧品の総称のなぞ

自然派化粧品、無添加化粧品、オーガニック化粧品…どれも肌に優しそうな化粧品に思えますが違いはわかりますか?
 
まず、自然派化粧品は、合成ではなく天然由来の成分を中心に使っている化粧品です。
 
かなり努力している化粧品から、合成成分にほんの少しだけ天然由来の成分を混ぜて、自然派と謳っている 化粧品まで、さまざまです。
 
次にオーガニック化粧品。無農薬栽培でつくられた植物を使用した化粧品です。
 
「私の部屋のヘちま水」など、本当に完全オーガニック植物だけでつくられた化粧品は数種ありますが、かなり限られています。
 
そもそも植物だけで化粧品をつくることは困難だからです。
 
ですので、ほとんどがオーガニック植物の成分が配合された普通の化粧品です。
 
オーガニックの規定が進んでいる海外でも、オーガニック化粧品への合成成分の使用が認められているのです。
 
最後に無添加化粧品。これだけははっきりとした定義があり、旧厚生省が昭和10年代に指定した「102 の表示指定成分」(パラベンなど)が無添加の化粧品です。昭和40年代とはもう大昔のこと。
 
実際にはもう使われていないものも多いですし、その後開発された成分で表示指定成分より肌によくないものもたくさんあります。
 
肌に悪い、あるいは肌に刺激となりえるものがすべて無添加という意味ではありません。
 
どれも、肌に優しそう・安心そう・環境によさそうというイメージだけで、安心安全を保証するものではありません。
 
また、天然のもののなかには肌への刺激となる成分も多々あり、天然だからいいと決めつけるのは危険です。これらは化粧品選びのひとつの目安ととらえてください。
 

 

ドクターコスメって?

医師や医学博士が開発・研究に参加して、美容クリニックなどで販売・紹介している化粧品です。
 
肌に優しそうだったり、効果がありそうなのですが、業者の言うがままにつくられているようなもの も多いです。
 
一度びっくりするような成分が入っていて肌が荒れたこともありました。
 

 

化粧品は基材も大事

化粧品の成分で一番大切なものというと、「○○配合」の有効成分のように思います。
 
それらの成分の質も量も大切ではあるのですが、見落としがちなのが、有効成分以外の残りの成分、水や油分、界面活性剤といった化粧品のベース部分、基材です。
 
一般的には全体の8%ほどを占めます。
 
基材はどの化粧品も同じように思えて、全く違います。
 
例えば、多くの化粧品の全成分表示で一番最初に出てくる「水」。
 
「水なんてどれも同じでしょう?」と思うかもしれませんが、水ですら大きく違います。
 
飲料水だとイメージがわきやすいと思いますが、東京で飲む水道水と、富士山麓の湧水とではずいぶん違いますよね。
 
水という同じ成分名でも大きな違いがあるのです。
 
通常、化粧品で使われる水は、蒸留水が使用されています。
 
化粧品によっては水にこだわる製品もあり、例えば私がつくっている化粧品はすべて、逆浸透膜を使ったイオン水を使っています。
 
基材である水は有効成分を肌に届ける役割があるので、より浸透を促すよう採用しています。
 
他にも例えば、湧水や温泉水を使っているブランドなどもあるでしょう。
 
「水」だけでもこんなに違うのですから、その他の基材成分については想像つきますよね。
 
水と油と混ぜる界面活性剤などは、合成から天然由来のものまで数千種類におよびます。「○○配合」という有効成分だけでなく、基材成分はどんな基準で選んでいるのかもチェックしてみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る