スキンケア|正解の法則

1週間で上向き肌を実感

自分のクレンジング方法は本当に正しいのか?…毎日行っているスキンケアに不安を感じている人は多いようです。

しかも、せっかく毎日ちゃんとケアしているのに、なぜか肌トラブルが出てしまう……という人ほど、その不安度はより深刻になっているようです。

たしかに、せっかくケアしていても、それが間違っていては、肌トラブルが減るどころか、逆に増やしてしまう可能性が高いのです。

正しいスキンケアを実践していけば、1週間続けるだけでも美肌効果を実感できるはずです。


スキンケアの基本的な考え方

毎日のことだからこそ正しいお手入れが肝心です。

毎日行っているスキンケア。人と比べるわけではないので、自己流で間違ったケアをしていても気づかない人が多いのです。

たとえば、力を入れすぎてゴシゴシ顔を洗っているとか、もったいないから化粧品の使用量は少しだけというものが代表例。

そして、自分の肌に合うアイテムが選べているか、正しいやり方でケアできているかが、きちんと理解できている人も少ないのではないでしょうか。

毎日行うことだからこそ、正しい方法を知らずに間違ったケアを続けていたら、せっかくの努力も効果半減です。

まずは上の「間違いスキンケア法 」にあてはまらないかチェックし、正しいスキンケア方法を身につけましょう。


間違ったスキンケア方法の一例

・肌に合うスキンケアアイテムを選べていない
・ゴシゴシこすりすぎ
・使用量が少なすぎ
・時間をかけすぎ
・ゾーン別のメリハリスキンケアが出来ていない


正しいスキンケアの肌変化

化粧品の効果をなかなか実感できない人も多いのではないでしょうか。

でも、正しく使えていなかったり、肌が健康でなかったりすると、効果は実感できません。

そもそも化粧品には、3つの効果が出るようにつくられています。

一つは肌が引き締まるとか、肌が明るくばったり使った直後に実感できる効果です。

二つめが、1週間から1か月使い続け、ハリが出るとかシミが目立たなくなるという継続使用の効果。

そして三つめが、心理的な効果です。

もしあなたが「本当に効くのかな?」と疑って使っていると、化粧品の効果が損なわれてしまうことに。

これは交感神経系などが微妙に影響しているからなのです 。

また、化粧品メーカーは、使い続けて効果を実感してもらいたいので、1週間で何かしらの結果が出るような成分を選び、配合しているものです。

なぜかというと、肌は1週間で角質の約半分が入れ替わるから。

「なんだか調子がいい」とか「ファンデーションののりがよくなった」などが、最初の1週間で現れる変化の代表例。

最初に手ごたえが感じられると、楽しくケアができるようになり、続けられるように。

この好循環が健やかな美肌を育む秘訣なのです。

肌荒れをしている場合は、それが治ってからがスタート。そこから1週間で肌の変化を感じとってみてください。


化粧品をうまく使うポイント

化粧品には必ず取扱説明書がついています。

これはいわばメーカーからのラブレター。

使い方や使用量をしっかり確認して使えば、失敗が少なく なります。疑問点はきちんとたずねる事。

自分の肌に合う化粧品が見つからない、このトラブルにはどの化粧品が合うのか…など、スキンケアのことで迷ったら、化粧品カウンターでぜひ相談してください。

カウンターにいる販売員はスキンケアのプロですから、わからないことはとにかく聞くことが大切です。

また、メーカーに電話などで問い合わせてみるのも一法。 どんどん聞いて疑問を解決していくと、スキンケアの達人になれますよ。

関連記事

ページ上部へ戻る