生理とホルモンの関係は?|肌質

2種類の女性ホルモンの影響

「生理前になると、必ずニキビができてしまう」「生理が近づくと、脚がパンパンにむくむ」「生理痛が重い」など女性にとって生理は気分が沈みがちなもの。 このように、ホルモンのバランスが変化する生理は、肌にも体にも 大きな変化をもたらします。

まずは、女性特有の2つのホルモンについて説明しましょう。


黄体ホルモン

女性ホルモンの一つに「黄体ホルモン(プロゲステロン)」があります。

これは生理前に分泌されるホルモン。この黄体ホルモンは皮脂分泌を増やしてニキビやシミをできやすくさせるといわれています。

むくみやイライラのもとになっているのも、このホルモンです。

生理前の肌は、ふだんよりも敏感になる傾向にあるので、美白やアンチエイジングなどの積極的なお手入れは控えましょう。

保湿中心のシンプルなケアに徹するべきです。 ただシミができやすいので、UVケアはしっかりと行いましょう。

また、生理前にニキビができる人も多いもの。

黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が増えることが関係しているので、この時期は、とくに洗顔で皮脂をきちんと落として、油分の少ない化粧品で保湿することが大切です。

でも大人ニキビができるのは、ストレスや不規則な生活によるホルモンバランスの乱れが最大の原因です。

ふだんの生活が不規則だったり、日ごろからストレスがたまったりしていると、生理前の肌や体調の不安定が、いつそう強まってしまうのです。


卵胞ホルモン

もう一つの女性ホルモンが「卵胞ホルモン(エストロゲン)」です。

これは生理後に分泌が高まるホルモンで、肌をみずみずしくうるおし、コラーゲンを増やすなどの作用があります。

そう、美肌はエストロゲンに大きく影響されているのです。 エストロゲンのそもそもの働きは、生理周期をキープして妊娠に向けた体づくりをすること。

そのため、無理なダイエットをしたり過度なストレスがかかったりすると、エストロゲンが低下し、生理不順などが起こり、肌の老化はみるみる早まってしまいます。

生理はまさに、美肌と健康のバロメーターといえるのです。 エストロゲンは生理の始まる思春期ごろから急に増え、0代後半から減り始めます。

そして閉経を迎えるころには急激に低下してしまうのです。 この分泌量を守るには、健康的な生活を送ることが大切です。

また、大豆などの女性ホルモン様作用のある食品も、老化を遅らせるのに役立ちます。 納豆を一日1パック、もしくは豆腐半丁くらいを目安に摂取しましょう。

とくに、エストロゲンの分泌が高まる生理後の肌は、とても安定しているので、美白やアンチエイジングなどの「攻め」のお手入れをするのにうってつけです。

また、新しい化粧品を試す時期としてもいいでしょう。


ホルモンバランスを整えるためには?

ホルモンとは、各臓器から血液中に分泌され、微量ながらも人体のさまざまな活動に大きな影響を与えている分泌物です。

一生涯かけても、スプーン2杯分くらいしか分泌されないといわれています。 ホルモンにはさまざまな種類があり、微量でも人体に大きな影響力をもっているため、体内での量を厳密にコントロールされています。

よって、ホルモンバランスが乱れているからといって、 ホルモ ン剤などでむやみに増やしたりするのは危険。

安易にホルモン剤などを服用してしまうと、体内でつくるぶんを減らしてしまうことになります。

そのため、特定の病気の治療以外には使わないものなのです。

ホルモンバランスを整えるには、 規則正しい生活を送るのが1番です。 薬などで簡単に調整できるものではないと考えて下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る