背中や胸のニキビの対処方法は?|スキンケア

固形石けんと綿タオルで肌を清潔に保つ

背中や胸は、体の中でも顔の次に皮脂腺がたくさんある部位です。
 
そのため皮脂の分泌が多く、ニキビができやすいのです。
 
予防のためには、皮脂や汗をしっかり落とし清潔にすることが大切です。
 
背中や胸のニキビで悩んでいる人にありがちなのが、お風呂のたびにナイロンタオルでゴシゴシこすること。
 
これでは治るどころか、悪化する一方です。
 
できてしまったニキビをこすっても、よくなることはもちろんありません。
 
続けているとシミになるおそれすらあります。
 
体を洗うときは、ナイロンタオルやボディブラシは避け、普通の綿タオルを使うのがベ スト。
 
こすりすぎず、やさしく洗うことがポイントです。
 
洗浄剤としておすすめなのは固形石けんです。
 
ボディソープは界面活性剤が多いため、肌に刺激を与えます。
 
またボディソープの多くは洗い上がりにしっとり感を残すために油分が配合されています。これが肌に残って油膜をはり、ニキビの原因になることも。
 
また体を洗ったあとにシャンプーなどをすると、背中や胸にその成分が残り、それが肌への刺激になります。
 
先に髪を洗ってから、体を洗うようにしましょう。
 

肌への刺激が少ない綿素材のインナーを選ぶ

背中や胸のニキビは、汗と衣類の刺激で悪化する傾向にあります。
 
夏は朝晩シャワーを浴びて、汗をかいたらこまめに拭き取るようにしましょう。
 
これを心がけるだけで、ニキビが緩和されることもあります。
 
また、衣類にも気を配りたいもの。
 
とくに背中や胸のあたりに直接触れる衣類は、綿素材のように吸湿性がよく、肌触りのよいものがベストです。
 
チクチクする素材を着ただけで肌への刺激が強くなり、ニキビが増えてしまうこともあるからです。
 

 

ボティニキビで使用される漢方薬

顔のニキビと同様、ボディのニキビを根本的に治すには、漢方薬の飲み薬がおすすめです。
 
ただし同じニキビとはいえ、顔とボディでは症状が異なるので、処方も違ってきます。タイプ別におすすめの漢方薬をご紹介しましょう。
 
まず背中や胸全体にあせものように小さいニキビが散らばっているタイプには、「柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)」という処方がよく効きます。
 
ニキビの炎症を鎮めたり、免疫を高めたりして、ニキビのできにくい肌質に改善します。
 
化膿したり痛みをともなったりするようなニキビが背中の真ん中にできる人には、「十味 敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」がおすすめ。
 
この処方は、とくにアレルギー体質の人や、虫さされの跡がなかなか消えない肌質の人に合うようです。

関連記事

ページ上部へ戻る