洗顔の手順とポイント|スキンケア

洗顔の手順

優しく泡洗いをする
① 手をきれいに洗ってから、30度以下のぬるま湯か水を2~3回顔にかけ、おおまかな汚れを落とす
 
② 石けんを十分に泡立てる。泡が多いほど油分が吸着されるので、軽く洗うだけでメイクが落ちる。
 
③ 手のひらが肌に触れないように、泡を転がす感じでメイクとなじませる
 
④ 額、鼻、 フェイスラインも、力を抜いてやさしく
 
⑤ 皮膚が薄い目のまわりは、泡を指で押す感じで
 
⑥ 顔中くまなくなじませたら、ぬるま湯か水で洗い流し、タオルで肌を押さえるようにして水分を吸い取らせる
 

 

洗顔のポイント

① 目元のメイクはオイルで浮かせる 水や汗で落ちにくいタイプ(ウォータープルーフ)のマスカラは、2本の綿棒にスクワランオイルかベビーオイルを含ませ、まつげを挟み込むようにして落とすと、まぶたに刺激を与えなくてすみます。
 
② 口紅は上下別々に落とす 落ちにくい口紅(ラスティングタイプ)は専用のリムーバーをコットンに含ませ、下唇と上唇を別々に落とすようにします。なお、リムーバーは落ちやすいだけに刺激が強めですから、 肌の弱い人は目元の場合と同様に、スクワランオイルかベビーオイルを使うといいでしょう。
 
③ ノーメイクのときは、ぬるま湯で洗うだけでOK お化粧をしないときは、石けんも使わずに、 30度以下のぬるま湯で顔を洗うだけのほうが肌に負担をかけずにすみます。
 
④ 脱脂力の強い洗顔剤は使わない スクラブ剤は、粒子で肌をこするので、洗った後はすっきり感があるかもしれませんが、角質が必要以上にこそげ落とされて、肌には細かい傷がついてしまいます。長い目で見れば使わないほうが無難です。


 

洗顔後は保湿成分を逃さない工夫を

乾燥を防ぐためには、本来の保湿成分を逃さないようにすることがキーポイントです。
 
洗顔後にたっぷりの化粧水で水分を補おうとすると、角質層が膨張して、さらにひび割れがひどくなることがあります。
 
それに、保湿成分を外から補おうとしても、補える分は肌に本来備わっている保湿成分の1パーセントにすぎません。
 
ですから、むやみに化粧品に頼るのは考えものなのですが、何もしないより有効であることはいうまでもありません。
 
どんな基礎化粧品がよいかは、年代によって異なります。
 
20~30歳代までは、角質層の水分は減っても脂分はそれほど減少していないので、脂分はそれほど必要ないでしょう。
 
40歳代以降になると脂分も減ってきますから、クリームなどもプラスする必要があります。

関連記事

ページ上部へ戻る