シワ|タイプに合わせたケアが効果的

段階やタイプに合わせたケア

シワは乾燥によってできると思われがちですが、実際には真皮のコラーゲンやエラスチンの一変性·減少が主な原因です。
 
シワは次のような過程でできていきます。
 
第一段階は「ちりめんジワ(小ジワ)」。浅く細かいシワで、乾燥すると目立ちます。
 
ただ、肌がうるおうと回復する軽いものです。
 
次は、顔の動きに合わせてできる「表情ジワ」。
 
若い肌なら表情が戻れば見えなくなるのですが、年齢を重ねるにしたがって深くなり、元に戻らなくなります。
 
そして最終的に、真皮のコラーゲン線維が変性したり断裂したりすると、深いシワが刻まれていきます。
 
コラーゲン線維は肌の弾力をつかさどっているもので、年齢とともにだんだん弾力を失い、量自体も減ってしまいます。
 
そのため、今までは戻っていた表情ジワが、元に戻らなくなってしまうことに。
 
さらにコラーゲンの減少とともに真皮が薄くなり、シワができやすい環境になります。
 
こうして刻まれた深いシワは、セルフケアでは消せません。食事からコラーゲンをとっても、そのまま肌のコラーゲンにはならないので、予防には不充分です。
 
真皮のシワができるのを遅らせるためには、皮膚科学基準の正しいアンチエイジングケアが必要になってくるのです。

 

シワが出来やすい部分

【目元】
動きが激しく、皮膚が薄くて弱い為にシワが出来やすい。
【一額&眉間】
頭皮がたるむと額のシワも深くなる。髪を結うときに、頭皮を引っ ばりすぎないように。
【口元】
たばこを吸う人や歯周病などで歯肉がやせた人は、口元に細かいシワが入りやすい。口の両側にできる「法令線」はたるみの一種。
 

カン違いスキンケア

・小ジワの進行を食い止めるために化粧水でたっぷり水分補給。
・シワ予防のためにコラーゲンのサプリメントやドリンクをとる。


 

浅く薄いシワは乾燥が原因

目元によくある浅く薄いシワ。この原因は、乾燥です。
 
これは大人だけでなく、子どもにもよく見られます。
 
解決策としては、朝晩のスキンケアでしっかりと保湿をすること。
 
セラミド配合の保湿美容液などで角層に水分を与えつつ、クリームなどで油分もプラスしておきましょう。
 
また、このちりめんジワを放っておくと、真皮のシワに進行すると思われがちですがこれらはまったくの別物です。
 
子どもにもよく見られるちりめんジワは、放っておいても真皮のシワに進行しないですよね。
 
あくまで、ちりめんジワの原因は乾燥なので、もし保湿をしっかり行っても解消されない場合は、すでに表情ジワや真皮のシワに進行していると考えられます。
 
その場合お手入れをアンチエイジングケアにシフトしなければなりません。
 

 

飲み食べではコラーゲンは増えない?

「不足するコラーゲンは、食品やドリンクで補えばいいのでは?」と考える人も多いようです。
 
しかし口から入れたコラーゲンは、胃腸でアミノ酸に分解され、その時点でコラーゲンではなくなります。
 
またそのアミノ酸は、体内で必要に応じて新しい皮膚や筋肉など、 いろいろなものにつくり替えられるのですが、再びコラーゲンの形に戻って肌に定着するとは限りません。

関連記事

ページ上部へ戻る