すぐ効くシートマスクはこうして選ぶ

一時ケアならお手軽なものでも

手軽さと即効性が人気のシートマスク。
 
1枚数十円から高級なものまで本当に豊富に揃っています。
 
選び方と使い方は、シートマスクに何を求めるかで決めましょう。
 
成分があまり入っていない安価なシートマスクは、直後は肌が水分を吸って膨らむのでプルブルになるけれど、例えば美白や内側からの保湿、その他のアンチエイジング効果を求めるのは難しいです。
 
でも、出掛ける前にほんの5~10分マスクをして、メイクのりをよくしたい! という使い方であれば、お安いものを日常的に使うのもいいと思います。
 
ただし、頻繁に使うなら成分に注意。パック後はいいけど、肌をコートしたり毛穴を詰まらせたりすることもあります。
 
また、肌が弱い人は、肌に合わない成分が入っていると、長時間つけておくので、その作用も大きくなってしまいます。様子を見ながら短時間から試してみましょう。
 

 

美肌アップに週ーで

透明感を出したい、潤いが続く肌にしたい、そんなふうに美肌効果を求めるのであれば、やはりしっかり美容成分が入っているものを。
 
本来肌、肌はバリア機能が働いて、美容成分が浸透しづらいわけですが、シートマスクで顔を密閉することによって、一時的に肌のバリア機能がゆるみ、美容成分が浸透しやすくなります。 特にお風呂で肌がふやけているときが効果的!
 
10~15分かけてゆっくりと肌に美容成分を送り込みましょう。週に一度程度定期的にできるといいですね。
 

シートマスクの使い方&プラスワフンケア

【そのまま寝てしまわないよう注意】 シートマスクをつけてそのままうっかり寝てしまうと、 乾いたシートが今度は肌からどんどん潤いを奪ってしまいます。
 
【目元·口元が空いてしまうようなら】 シートマスクの形によって、目元やロ元が空いてしまうようなら、普段使っている保湿クリームをその部分にたっぷり塗ってからパックしましょう。
 
【蒸らしでさらに効果UP】 マスクをした上にラップを広げ、蒸しタオルで温める温パックはとっても効果的!(ラップは息ができるよう、 口部分に穴をあけましょう)。

関連記事

ページ上部へ戻る