睡眠で美肌力アップ!|スキンケア

睡眠中に体内で行われていること

体の内側からのケアというと、食事を第一に思い浮かべる人が多いようです。

けれど、じつは「食べる」よりも「寝る」ほうが肌をよみがえらせる力をもっています。

そこで、睡眠の重要性をまず説明しましょう。 たとえば、夜更かしをした翌日、一日中だるかったり、頭痛がしたりするなど、体調が悪くなりがち。

この不調の原因は、夜寝ているあいだに、肌を含む体全体が修復されているからなのです。

修復は血液を通して行われるのですが、起きて活動している日中は、血」液のほとんどが脳に集中します。

そのため肌には栄養が行き渡りません。 寝ると、血液は体の各所に流れ始め、肌にも栄養が行き渡るようになるのです。

さらに、眠り始めの約3時間のうちに成長ホルモンの分泌が盛んになるといわれています。

この成長ホルモンによって、肌内で細胞分裂が起こっているのです。

肌や内臓の修復にはトータルで、最低でも6時間くらいはかかっているといわれているので、睡眠が6時間をきってしまうと、だれでも肌あれする可能性が出てくるというわけです。

肌の再生は、毎晩、このようにして行われているので、毎日の睡眠がいかに大切かわかると思います。


肌のゴールデンタイム

夜10時~深夜2時は、肌のゴールデンタイムとされ、そのあいだに睡眠をとるのが美肌のルールといわれています。

これは原始の時代から人間の体に刻まれた体内時計(サーカーディアンリズム)にしたがった生活をすべきという説にもとづいた話です。

ところが現代社会でこれを実践するのは、なかなか困難です。

この現代で考えると、およそ午前0時から半までに寝るようにすれば いいでしょう。 また、就寝時刻を一定させることも大切です。

毎日ベッドに入る時間が異なるのは、体内時計を乱すのでよくありません。 成長ホルモンは、体内時計の影響を大いに受けていますから、寝る時間が毎日異なると、スムーズに分泌されなくなってしまうのです。

毎日遅くとも午前0時半までの、同じ時間に寝るようにすると、肌の状態もよくなってくることでしょう。


睡眠の奥深さ

みなさんは、深くて質のよい睡眠をとれていますか? 前述したとおり成長ホルモンの多くは、睡眠に入ってはじめの約3時間のあいだに分泌されるので、とくにこの時間の睡眠が深くて良質な必要があります。

それにはまず、寝る環境を整えることが大切です。

最近では、寝る直前までパソコンを見ていたり、携帯電話でメールを打っていたりと、脳が活発に動いたまま、ベッドに入っている人が少なくないようです。

これでは、深い睡眠はなかなか難しくなってしまいます。 寝る1時間くらい前から寝室の照明を暗めにしてみましょう。

そうすると、メラトニンというホルモンが分泌されて、睡眠への準 備が始まります。 もし、外の明りが気になるようなら、遮光カーテンを使うなど、睡眠を邪魔されない環境に整えて眠ることも大切です。


睡眠のサイクル

気持ちよく起きられる睡眠をとることも大事になります。

そのためには、眠りのサイクルを調整するといいでしょう。 睡眠は、眠りの深い「ノンレム睡眼」と眠りの浅い「レム睡眠」が1時間半ごとに交互一に訪れています。

したがって、6時間、7時間半というように、1時間半の倍数で睡眠の サイクルを設定すると、いいリズムになりやすく目覚めやすいのです。

とはいえ、寝始めにやってくるのがノンレム睡眠、目覚めの準備に入りやすいのがレム睡眠ですので、睡眠時間は6時間や9時間といった3時間ごとになるのが理想的です。

目が覚めたら、次の睡眠のリズムに入らないように、体を起こしましょう。

部屋を明るくしたり、目覚めに水を一杯飲んだりすると、スッキリと目覚めやすくなります。


快眠を得るためのコツ

ノンカフェインの飲料を選ぶ

コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインは、脳を刺激し覚醒させます。20時以降は控えるようにしましょう。寝る前に飲むならホットミルクやハーブティー(眠気を誘うのはカモミール)がおすすめです。

アロマオイルを活用

香りでリラックスへ導くアロマを焚いてみるのも一案。ラベンダー、カモミール、マンダリンなどのオイルが眠気を促すといわれています。

難しい内容の本を読む

人間の脳は安定を好むので、難しい物事に出合うと休む方向に働きます。就寝前に難しそうな内容の本を読むのもおすすめです。逆に夢中で読んでしまう本は、脳が冴えることになります。

ストレッチやヨガなどの軽い運動をする

息が上がらない程度の軽い運動で少し体温を上げ、体温が下がりだしたころにふとんに入れば、眠りのスイッチが入りやすくなります。ただし、激しい運動は逆効果です。

就寝1時間前から照明をダウン

眠りを促すメラトニンは、陽が落ちて目に入る光の量が減ると分泌量が増えます。明るい照明のついた部屋は、昼間と同じ状態になるので、眠気を催しにくくなります。就寝前にリラックスタイムを設け、照明を暗めにしてくつろぎましょう。

下着などの締めつけを避けて

きつい下着やインナーを着て寝ると、血行が悪くなって眠りを妨げてしまいます。靴下も必ず脱ぐようにしましょう。

枕の高さは7cm前後がベスト

一般的には仰向けに寝たときに、正しく立ったときと同じ首のカーブになるように支えてくれるのが、体に合う枕です。首の後ろにあたる部分が女性の場合7cm前後、後頭部にあたる部分が5cm前後の高さのものが理想です。


関連記事

ページ上部へ戻る