保湿の正しい意味|スキンケア

スキンケアを意識する女性

スキンケアとは?

正しい保湿でトラブルに負けない肌土台をつくる。

肌のうるおいが失われると、バリア機能が低下し、肌あれや老化の原因になります。

つまり保湿こそが、スキンケアの要といえます。

しかし、これまで常識とされてきた化粧水をたっぷりつける保湿は、いわばその場限りの応急処置のようなもの。

一時的にしっとりしても、時間がたてばすぐに乾燥してしまいます。

きちんと肌をうるおすには、ただ水分を入れるだけの保湿ではなく、肌そのものを乾燥しにくい状態に導く根本ケアが不可欠なのです。

そこでこの章では、保湿の意味をしっかりマスターして、トラブルに負けないすこやかな肌土台をつくりましょう。


保湿の正しい意味

保湿とは、文字どおり “湿気を保つこと。

つまり肌の水分を適度に維持するためのスキンケアのことです。

「なんで今さらそんなことを?」という人もいらっしゃるかもしれませんが、じつは保湿の意味を正しく理解している人は非常に少ないのです。

健康な肌の角層には約20~300%の水分が含まれていますが、これが20%以下になることを「乾燥肌」といいます。

冬場など空気中の湿度が50%以下になると、角層の水分が急激に蒸発しやすくなります。

肌がつっぱるなどの自覚症状が現れてきたときには、肌の水分量はわずか10%以下になっていることも。

肌から水分がなくならないようにするのが保湿の役割です。 人間の肌にはもともと水分を維持するしくみが備わっています。

その機能は加齢とともに低下するので、それを補ってあげるのが、保湿の目的です。


化粧水=保湿という常識は正解?

肌の水分といえば化粧水と思われがちなのですが、水そのものを与えても蒸発してしまうので保湿にはなりません。

また化粧水が蒸発しないよう乳液でフタをすれば保湿は万全だと考えている人も多いのですが、残念ながらそれも間違い。

じつは、油分の保湿力はさほど高くありません。

本当の保湿とは、体の外から水分を取り入れるのではなく、体の内側から湧き出る水分を肌の中で保つようサポートすること。

それにもかかわらず、多くの女性が正しいと思い込みながら実践しています。

【保湿に対する間違った常識一例】

・化粧水が蒸発しないように油分でフタ
・肌がカサつくときは化粧水をたっぷりつける
・テカり·ニキビ肌なので保湿は省略してもよい
・化粧水はシートマスクで肌にじっくり浸透させるべし
・肌のうるおいを逃がさないように洗顔料はしっとりタイプを選ぶ


「保湿物質」の働き

うるおった肌は、正しい保湿ができている証です。

では、肌がうるおうとは、そもそもどのような状態をさすのでしょうか。

それは肌がみずから「保湿物質」をつくり角層内に水分を蓄えておける状態のこと。

保湿物質がきちんと働いていれば、湿度が0% になっても水分は蒸発しません。 保湿物質をつくる力が弱まると、肌は乾燥するのです。


保湿力が1番高いのはセラミド

角層の水分を守っている保湿物質には、じつは「皮脂」「天然保湿因子」「セラミドなどの角質細胞間脂質」の3つがあります。

これらが助け合いながら、水分をキープしているのです。

角層の水分のうち80%以上はセラミドなどの角質細胞間脂質が、16~17%は天然保湿因子が守っています。

皮脂の果たす役割は2~3%と非常に小さく、水分を守る力はあまりありません。

セラミドなどの角質細胞間脂質が、肌の水分を守る最大のカギといえます。 本来、脂質は水とは結合しません。

しかし、セラミドは水と結合し、その水は湿度が0%になっても蒸発せず、気温がマイナス20Cまで下がっても凍らない性質をもっています。

セラミドは、あらゆる環境に対応する、まさに保湿のスペシャリストなのです。

つまりセラミドをたっぷり含んだ肌は、うるおいに満ちているということになります。

赤ちゃんの肌は、うるおいたっぶりのプルプル肌ですよね。

じつはこれ、大人の肌に比べてセラミドの量が豊富だからなのです。

セラミドは、角層の細胞と細胞をつなぐ役割もしています。

このセラミドが水分をはさみ込み、さらに細胞と細胞をしっかりと接着しているからこそ、肌は水分をキープしていられるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る