たるみ治療と二重あごの予防トレーニング

光療法は穏やかな効果で注目

光療法とは、人工の光を利用した治療のことで、IPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれ ています。
 
レーザー治療が特定のシミなどにピンポイントで照射するのに対し、光療法は真皮層まで光エネルギーを到達させ、コラーゲンやエラスチンをつくり出す細胞を活性化させます。

それによって、夕ーンオーバー (新陳代謝)が高まり、たるみやシワ、シミ、ソバカスが解消されるほか、ニキビもできにくくなるなど、肌全体の調子が整ってきます。
 

 

IPLの効果が現れるまで

IPLの効果は5~6回の施術が必要です。
 
IPLは、レーザーより光が弱いので、肌へのダメージが少なく、肌が赤くなったり、かさぶたになることもありません。
 
費用の目安は、顔全体で1回につき4万円程度からです。
 

【リスク】

効き目が穏やかな分だけ、確かな効果を実感するまでに時間がかかります。
 
通常は、3~4週間に一回の割合で5~6回照射が必要とされています。
 
施術時は、照射の際にパチパチとした痛みや、かすかな熱さを感じることがあります。
 
術後は、レーザー治療のようにテープで保護したり、外用薬を塗布したりする必要はありませんが、紫外線対策はしっかり行わなければなりません。
 
また、妊娠中や日焼け直後、光アレルギーがある人、心臓病や糖尿病にかかっている人には光療法は用いられません。
 


 

ラジオ波を利用する治療法

高周波のラジオ波を、真皮層とさらにその下の皮下組織まで到達させ、組織を引き締めて活性化することで、肌老化を改善する方法です。
 
顔のたるみやシワはもちろん、バストやヒップのリフトアップにも有効とされています。
 
治療回数はラジオ波の種類によって異なり、1回ですむ場合と、数回繰り返す必要がある場合があります。
 
術後は、紫外線対策は欠かせませんが、そのほかのケアはとくに必要ありません。
 
費用の目安は、顔全体で1回につき30万円程度からです。
 

【リスク】

施術時は、熱さを感じるため、麻酔クリームをぬってから行います。
 

 

二重あごの予防トレーニング

【器具を使ったトレーニングも効果的】
フェイスラインのたるみの原因は、コラーゲンの変性だけでなく、筋肉の緩みとも関係しています。
 
顔にある表情筋は皮膚にくっついているので、筋肉が緩むと皮膚もいっしょに緩むたるんでしまうのです。
 
それを予防するには、筋肉を鍛えるトレーニングが必要。表情筋エクササイズよりは、器具などを使って行う運動がおすすめです。
 
なぜかというと、無理に表情をつくる運動をすると、よけいに表情ジワを深くしてしまうケースがあるからです。
 

トレーニング方法

① 口からあごにかけての筋肉を鍛えるには、口にはさんで使うタイプの市販のグッズを使うとよい。
 
② ペットボトルにごく少量の水を入れて唇でくわえて持ち上げ、そのまま10秒キープ。このと き、歯は使わない。これを3回くり返す。慣れてきたら、徐々に水を増やして負荷をかけていく。
 
【つねに顔に緊張感をもつことも大事】
無意識にだらんとした表情グセがついていると、筋肉を甘やかすため、たるみが進み、よけいに老けこんで見えてしまうので注意しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る