たるみ|予防にはシワと同じお手入れを

たるみは顔立ちによって異なる

たるみはシワと同様、真皮のコラーゲンやエラスチンの変化によって起こります。
 
コラーゲンが弾力を失ったり、コラーゲン同士のネットワークを維持するエラスチンが減少したりすると、線維全体のネットワークがくずれます。
 
こうして、肌はたるむのです。
 
実は、たるみとシワの原因は同じなので対策も同じ。
 
ただし、その人の顔立ちなどによって、現れる部分が異なることがあります。
 
たるみの現れ方には「たるみ毛穴」「涙袋」「二重あご」「法令線」などがあります。
 
それぞれのたるむ構造を説明していきましょう。

 

①たるみ手穴

多くの人が、頬などの毛穴の開きからたるみを感じ始めるようです。
 
若いときは、ハリのあるコラーゲンが毛穴をまわりから支えています。
 
しかしコラーゲンが緩んでくると、それを支えきれなくなって毛穴が開いてきます。

 

②涙袋

もともと薄い目元の皮膚がたるみ、眼球のまわりにある脂肪を支えきれなくなって、下まぶたの皮膚が、ぷくっと膨らんだように見えてしまうことをさします。

 

③二重あご

フェイスライン のたるみ。
 
体重が増えたわけでもないのに二重あごになるのは一種のたるみ。
 
頬からあごまでが顔の中でもっとも脂肪の厚い部分で、それを皮膚が支えきれなくなると二重あごに見えます。

 

④法令線

よくシワと間違えられますが、じつはたるみが原因。
 
頬の厚い脂肪を支える皮膚や皮下組織がたるんで顔全体が下がってきているのです。 残念ながら、化粧品での解消は困難。美容皮膚科で行うヒアルロン酸注入などでないと緩和は難しいようです。
 

 

勘違いスキンケア

・独自の方法で強いマッサージを行っている ・普段、たるみをグッと引き上げるように化粧品をつけている


 

原因は同じだから化粧品は1つでOK

「たるみ毛穴」「涙袋」「二重あご」「法令線」のいずれも原因は同じで、コラーゲンの弾力」が弱まって脂肪などを支えきれず、たるんでしまうということ。
 
さらにシワも、コラーゲンの変性という意味では同じ原因なのです。
 
よく「たるみ毛穴用」「シワ用」など、それぞれに対応した化粧品がありますが、どれもコラーゲンに働きかけるという点では同じはず。
 
つまり、そういった化粧品を一本、毎日のスキンケアに取り入れればいいでしょう。
 
成分的な目安としては、コラーゲンを増やす作用のあるビタミンC誘導体やレチノールなどがあります。
 
たるんでしまってから、それを解消していくのは難しいので、たるみが進行しないよう早めにケアを始め、予防していくことがいちばん重要です。
 

 

代謝を高めるマッサージも有効

たるみには、必ずしも老化とはいえない要因が存在します。
 
たとえば皮下組織の脂肪細胞が大きく重くなってしまうことや、血行やリンパの循環が低下して、むくんでしまうことなどが考えられます。
 
「単なるむくみだから」と放っておくと、真皮の組織の機能低下にもつながるといわれています。
 
もちろんアンチエイジング化粧品を使ったり老化を招く紫外線をしっかり防いだりする対策は必要ですが、それ以外にマッサージによって真皮の活性化をはかるのも効果的。
 
マッサージには、代謝を高めてむくみを予防し、皮下脂肪をつきにくくする効果もあるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る