美肌|正しい水分補給のとりかた

「水1日2リットル飲む」の真実

ペットボトルの飲料が登場し、手軽に持ち歩けるようになったからか、冷たい飲み物を通年飲む女性が増えています。

その代表的なものがミネラルウオーター。

「水を一日2リットル飲むといい」という俗説があるのも一因かもしれません。

でもだれでも一律に2リットル飲めばよいというのもおかしな話ですよね。 それは、汗の量や運動量などから、必要な水分の量は人によって異なるからです。

水分は、のどが渇いたら飲む程度で充分なのです ところが、現代人は水分をとりすぎきる傾向にあります。

のどが渇いてもいないのに、なかば義務感で飲んでいる人が多いようです。 水を飲みすぎると、胃腸が冷えたり、むくみを招いたりします。

むくむと肌の代謝も悪一くなり、美容に悪いので注意してください。


カフェインによる肌への影響

コーヒーや紅茶、日本茶などに多く含まれているカフェイン。

カフェインは神経を興奮させ、また血管収縮作用もありますので、とりすぎは体にも肌にも悪いのです。

日本人の多くはカフェインの摂取に無頓着なようですが、カフェインを含むものは一日2杯までにとどめるようにしましょう。

また、寝る前にカフェインをとると、睡眠にも影響が出るので、これだけは避けるようにしてください。

カフェインは栄養ドリンクにも入っていることが多いので、気をつけましょう。


おすすめは温かい飲み物

冷たい飲み物は体を冷やし、代謝を悪くさせます。

ふだんからなるべく温かい飲み物を飲む習慣をつけておくと、美肌にもつながっていきます。

美肌のためには、カフェインを含まない温かいハープティーがいちばんおすすめです。

朝は気分がスッキリするミント、日中はビタミンCをたっぷり含んだローズヒップや免疫を高めるエキナセアなどのハーブティーを選ぶといいでしょう。

また、お風呂上がりなど、ほてった体を鎮めたいときでも、なるべく常温のものを飲みましょう。

冷たいものをがぶ飲みするのは避一けて。夜は、眠気を誘ってくれるカモミールティーがおすすめです。

しょうがの効果

体を温める食材として知られるしょうが。

じつは、漢方薬にもよく使われるほど多彩な効果を発揮する食材です。

漢方では、しょうがは体を温めて発汗させ、胃腸を整えて吐き気を止めるとされています。

料理にしょうがをなるべく使ったり、また紅茶やハーブティーにしぼり汁を入れて飲むのもいいでしょう。

冷えが気になるときや胃がムカムカするとき、風邪のひき始めなどには、 とくにおすすめですよ。

関連記事

ページ上部へ戻る