UVカットは数値より塗り方が重要

SPF値PA値が適度に高く適度な量を塗る

UVカットを選ぶときに迷うのが、SPF値PA値。
 
数値が高いものはカット効果が高いけど、肌に負担になるのでは?日常生活ではそれほど高いものは必要ないのでは?と思いますよね。
 
SPF値PA値の数値が高ければ紫外線カット効果が高く、数値が低ければ効果も低いのですが、実は、数値よりももっと大切なことがあります。
 
それは塗る量です。
 
そもそもSPF値PA値は、皮膚1平方センチメートルあたり2ミリグラム塗ったときの値。顔全体だと5ミリグラムほど500 円玉くらいに相当します。
 
みなさん、そんなにたっぷり塗っていますか?伸びがいいものだと薄く伸ばしている人が多いと 思います。
 
それだとたとえ数値が高いものを使ってもあまり意味がないことになります。
 
そう考えると、自分の肌に合う標準までSPFとPA値が適度に高く、適度な量をしっかり塗るようにすること、これが賢いUVカットになると思います。
 
ちなみに、美肌の人に聞くと、やはり紫外線カットを重要視していて、SPF50PA+++を使っている人が多いです。
 
ただし、肌の負担になるので、帰宅したらすぐクレンジングし、早めにオフすることを心掛けているそうです。
 
特に紫外線を多く肌に浴びた日は、肌へのダメージも大きいです。いつも以上に丁寧なケアをしてあげましょう。
 

PA値に注目する

真皮まで届き、シワやたるみ、シミなどの原因になる紫外線A波。
 
最近UVカットのUVA防止効果については、最高レベルのPA+++をこえるPA++++が追加されています、美肌を目指すならできるだけ高い数値の UVカットを使いましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る